【博物館】情操教育に役立つ!親子でお出かけ

【博物館】情操教育に役立つ!親子でお出かけ

常設展・企画展含めて世の中の物事を網羅的に解説している博物館。情報の宝庫のような博物館は、子供の興味・関心をさまざまに引き出してくれるでしょう。子供の感性を刺激するなど、メリットはたくさんあります。ぜひ一緒に出かけてみましょう。

博物館に行くメリット

博物館にはテーマごとにたくさんのモノ・コトが紹介されています。きっとお子さんに興味・関心をひくものが見つかるでしょう。さまざまなメリットがあるお出かけですので、ぜひ近くの博物館を調べて訪れてみましょう。

研究員を身近に感じられる

日頃の生活では「学者」や「研究員」の方に会えることはあまりないでしょう。博物館では、案内をしてくれるスタッフが研究員であることもありますし、ワークショップなども頻繁に開催されています。

興味・関心を追求できる

情操教育では、子供の個性、興味・関心を追求することを重要視しています。普段目にすることのない標本や実験器具、装置などを見たり触ったりできる博物館は、子供にとって知のワンダーランドと言えるでしょう。興味を持ったことがあれば、どんどん調べて、ときにはスタッフの方の手を借りながらも追求することができるでしょう。

親も一緒に学ぶことができる

子供にとっては博物館は自由研究のテーマ探しや調べ学習の調べ物に使える便利な場所でもありますが、博物館で展示企画として取り上げたり、設立テーマになっているような「植物」「生き物」「星」などは、実は親にとっても興味が持てる分野でもあります。特に乳幼児期の子育ては親がつきっきりでいることが必要で、24時間気が抜けないことが多いものです。知らないことを知る楽しみに浸れる博物館に行けば、日頃のストレスも大いに解消できることでしょう。新たな気持ちで子育てに子育てに向かうことができるかもしれません。

社会性を育む

博物館への移動に使う公共交通機関や到着するまでのマナーなど、家族だけではない空間に身をおくことによって、子供の社会性を育成します。例えば最寄駅から電車に乗る場合、改札の通り方や列への並び方、車内でのマナーなど、子供が学ぶべきことはたくさんあります。子供の社会体験のきっかけと思って行動しましょう。