私立中学校へ子供を進学させたい!必要な年収はどれくらい?

子供を私立中学校へ進学させたいと考えている親御さんは、年々増えているといいます。私立中学校の場合は公立中学校と違い、授業料などの学費に多額の費用がかかります。もし私立中学校へ通わせる場合は、年収は最低どれくらい必要なのでしょうか。今回は、子供を私立中学校へ通わせている親御さんの年収や、私立中学校に通うメリットなどについてご紹介します。

子供を私立中学校に通わせる親の年収について

私立中学校へ子供を進学させる場合は、年収が十分にないと家計への負担が懸念されます。しかし、実際に私立中学校へ通っている生徒の親御さんの年収額には幅があるといいます。子供を私立中学校へ通わせている親御さんの年収について、詳しくご紹介しましょう。

親の年収はどれくらい?

文部科学省が全国の保護者を対象に行った調査「平成28年度子供の学習費調査」では、私立中学校に子供を通わせている親御さんの年収は、400万円未満~1,200万円の世帯で調査が行われており、年収額に差があることが分かります。

年収1,000万円以上の親御さんがいる一方で、年収が400万円未満の世帯もあるなど、家計を工夫することで子供を私立中学校へ通わせることは十分可能なようです。「年収1,000万円以上じゃないと、私立中学校へ子供を通わせるのは無理?」と悩む方もいるかもしれませんが、年収額が1,000万円以下でも子供を私立中学校へ通わせる世帯は多く、そのことからも十分可能であるといえるでしょう。

参考

平成28年度子供の学習費調査の結果について|文部科学省,P17

子供の人数によっても理想の年収額は異なる

子供の人数によっては、理想の年収額が異なります。例えば、歳の近い子供が2人以上いる場合は、私立中学校へ通う学習費も2倍になり、年間の学習費が大きくなります。年間1人当たりにかかる学習費を算出し、さらに人数分の支出が可能な場合は、2人以上の子供を通わせることは十分可能でしょう。しかし、学校によって授業料や教材費は異なりますので、あらかじめ志望校にかかる学習費について調べておくのがいいでしょう。

年収が高いと学習費にかける金額も増加する

親御さんの年収によって子供の学習費にかける金額が異なることも、前述した同調査によって明らかになりました。年収1,000万円以上の家庭では、年間約30~40万円以上の学校外活動費がかかり、年収600~1,000万円未満の世帯で約30万円、400万円未満~600万円の世帯も年間約20万円の支出があるという結果になりました。

学校外活動費とは、塾などの補助学習費や習い事のことをいい、私立中学校に進学した後も学校外で学習費がかかるケースが少なくないといいます。親御さんの年収の差によって、子供にかける学習費は異なり、年収が高いほど学習費にかける金額も増加する傾向があるようです。

参考

平成28年度子供の学習費調査の結果について|文部科学省,P17