自分の「集中力の持続時間」を武器に! 短時間で成果をあげよう ( 2 )

集中力の持続時間を延ばすには

冒頭にも記載した通り、集中力は人によって大きく差があります。自分の集中力の持続時間が短く、もっと延ばしたいと思う場合は以下の方法を試してみても良いでしょう。

体の状態を良好に保つ

集中力を持続させるには、健康状態がよくないと、本来の能力を発揮することはできないでしょう。頭が働かないようであれば、集中したくてもできない、集中力以前の問題にもなりかねません。集中力を発揮しないといけない、忙しい方こそ、食事、運動、睡眠といった基本的な生活に気を配り、いつでも集中力が持続できるような体づくりを心掛けましょう。

作業環境を整える

いざ勉強に取り組もう、と思っても、周りが整理整頓されていなかったり、必要なものがなかったりすると、手を止めなくてはいけなくなります。作業中に気が散ってしまう要因は極力排除し、取り組むことにとことん集中できる環境を整えることが重要です。また、作業に取り掛かる前には、必要なものはきちんと揃えておくことも忘れてはいけません。例えば作業に必要になるデータや資料などは、前もって準備しておくようにしましょう。

また、集中力の質を上げることも、持続時間を延ばすことと同じくらい大切です。
こちらのページで「集中力を高める方法」もチェックしてみましょう。
(集中力を高める方法の記事リンク)

集中力の持続時間を延ばしてできることを増やそう

スポーツをするには体力をつける必要があるように、何かを考え続けるためには集中力をつける必要があります。短い時間で効率的に成果をあげられるように、集中力の持続時間を自分の武器にして、できることを増やしていきましょう。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。