お部屋にクリスマスの雰囲気を!おすすめクリスマスインテリアを紹介 ( 2 )

クリスマスツリーのウォールステッカー

部屋の中にクリスマスツリーを置くスペースがないという方は、クリスマスツリーのウォールステッカーを壁や窓に貼るインテリアもおすすめです。ウォールステッカーにはさまざまな種類がありますが、子供部屋の壁に貼ったりリビングの窓に貼ると、クリスマスらしい空間を演出できます。ウォールステッカーは場所を取らず1年ごとにデザインを変えることもでき、コストも抑えることができます。

大きな靴下を壁飾りに

サンタクロースからのプレゼントを入れる靴下は、クリスマスになると枕元に置く子供も多いかもしれません。アメリカなどでは暖炉に大きな靴下を飾る家が多いようですが、日本では壁飾りとして靴下を飾るのもおすすめです。チェック柄やパッチワーク柄など、好きなデザインの靴下を用意し、壁に紐で吊るしたりベッドサイドに掛ければ一気にクリスマスらしくなります。インテリアのワンポイントとして靴下を飾るのもいいでしょう。

イエス・キリストのクリスマス飾り

クリスマスは、イエス・キリストの生誕を祝う日として世界的に知られている祭日です。本格的なクリスマス飾りを検討している方は、イエスキリストをモチーフにしたインテリアを設けるのもおすすめです。以下のような、キリストが誕生するストーリーを人形たちを使って再現するのもおすすめです。

【クリスマス飾り4・キリスト降誕人形~生命をいつくしむ心~】………キリスト降誕人形は、中世の宗教熱の中、イタリアで作られ始めた箱庭風のクリスマス飾りです。馬小屋の飼葉桶に誕生したイエス、見守るマリアとヨゼフ、誕生の知らせを聞いてかけつけた羊飼い、東方から捧げ物を持ってやってきた三人の博士など、キリスト降誕の物語を人形によって表現していくものです。人形には作る民族の表情がよく映されています。

(引用元:世界のクリスマス飾り|日本玩具博物館