文化祭で告白するなら、準備期間を大切に。成功のためのアドバイス

学校生活の中でも大きな行事である文化祭。準備期間は長く取られますが、当日の子供たちはとても盛り上がります。そんな中、好きな人に告白しようとしている子供もいるでしょう。普段から恋愛の話などをよくする親子の関係であれば、ちょっとした相談をされることもあるかもしれません。「文化祭で告白ってどういう感じなの?」「どういうアドバイスをすればいいかな?」とお悩みの親御さん向けに、現在の10代の恋愛の様子と具体的なアドバイスをご紹介します。

文化祭で告白するのが流行っているの?

現在の10代にとっては、文化祭で好きな人に告白するのが一種の定例行事となりつつあるようです。SNSの声を見てみましょう。

公開告白タイム

(参照元:natsuki_poke205|Twitter

もちろん正式な行事ではないでしょうが、慣例的に公開告白タイムがあるところもあるようです。途切れなく続いているということは、それだけ「文化祭で告白したい」という需要が多いということができそうです。

(参照元:kaito_pg|Twitter

大きなイベントの最中、さらにステージに上がって周りからの注目を浴びることで、気分が盛り上がって告白してしまうというケースもあるようです。ただし告白された側にとっては寝耳に水の出来事になってしまうので、喜ぶよりもショックを受けてしまうかもしれません。相手の気持ちをしっかり考えて、どう行動するのかが適切なのか考える必要がありそうです。

一緒の作業で仲良くなって告白

(参照元:m2_cry|Twitter)

行事は周りの人の普段と違った一面を見ることができる機会です。それまであまりコミュニケーションをとる機会のなかった人と接する機会が増え、そこから恋愛感情に発展しやすいということでしょう。

(参照元:sin_62 |Twitter)

「イベント発生」とはゲーム用語で、ゲームのストーリーに大きな変更が生じるタイミングのことを指します。恋愛の場面では、相手との距離が急に接近することを意味することが多いようです。文化祭だから告白というだけでは不十分で、それまでに相手と仲良くなっておくことが必要という考え方です。