クリスマスのチキンを食べるならココ!おすすめテイクアウトやレストラン ( 4 )

豪華に外食!ローストチキンがおいしいレストラン(東京)

丸の内ローストチキンハウスで専門店の味を堪能

ローストチキンハウスは、ローストチキンの専門店です。自然豊かな阿武隈山系で育った伊達鶏を、シンプルに岩塩と胡椒のみで味付けし、特注オーブンで焼き上げています。皮はパリッと、肉は柔らかくジューシーです。ローストチキンによく合うダイナミックな野菜料理や、伊達鶏の卵を使った卵料理も人気です。お店の味を家で食べたい場合は、ローストチキンをテイクアウトできます。

参考

トップページ|ローストチキンハウス

ラ・ココリコ銀座で名物ロティサリーチキンと手打ちパスタ

銀座のイタリア料理店トラットリアLA COCORICOは、厳選された塩のみでじっくりと焼かれたロティサリーチキンが有名です。チキンはテイクアウトもできますが、注文してから50分かかるので事前に電話で予約してから行くのが良いでしょう。イタリアで長年腕を磨いたシェフによる自家製手打ちパスタや各国のワインもおすすめです。

参考

CONCEPT|LA COCORICO Ginza

ツムビアホフ渋谷店でドイツのクリスマスを体験

ドイツのビアホールで本場ドイツのビールを飲みながら、豪快にローストチキンにかぶりつきませんか? ツムビアホフのビールは、ドイツのミュンヘン、ホフブロイの醸造所から直輸入しています。おすすめはビールだけではありません。クリスマスシーズンには、ドイツのクリスマスに欠かせないグリューワインというホットワインと、菓子パンのシュトーレンを味わうこともできます。

参考

ツムビアホフ渋谷店|Twitter

【まとめに代えて】超本格派ローストターキーの作り方

(参照元:【クリスマス】JKが本気で七面鳥(約7キロ)を焼いてみた【コストコ巨大ターキー】|Youtube)

日本のクリスマスにはローストチキンが定着していますが、西洋ではお祝い事の際にターキー(七面鳥)を焼く習慣があります。ターキーはニワトリに比べると大きく、1羽で6~7kgにもなります。ターキーを自宅で調理しようとすると、解凍するのに丸1日、マリネに1晩、オーブンで焼くのに3~4時間かかります。手間はともかく、とにかく大きすぎて日本の家庭用オーブンには入らないだけでなく、核家族では持てあます量です。そのため、日本ではターキーの代わりにチキンが広まりました。本来どれだけ手間暇をかけて焼くものなのか、参考までに見てみてください。

なお、本文に掲載している情報は最新でない可能性があります。予約の際は必ず、お店に直接問い合わせてください。

参考

KFCのクリスマス向けセット 青い陶器の絵皿付き|日本経済新聞

日本三大地鶏の「比内地鶏」、「名古屋コーチン」、「薩摩地鶏」!日本三大地鶏の特徴とは?|クックドア

ローストチキン 予約|楽天市場

お取り寄せローストチキンのおすすめ人気ランキング10選|mybest

【2018】クリスマスチキンおすすめランキング!コンビニが人気?予約方法は?|気になる暇つぶ情報局

クリスマスはセブン「ななチキ」より「ローストチキン」を買った方がいい|週刊アスキー

セブンイレブンの揚げ物!ローストチキンレッグのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。|コンビニ商品の専門家たくまさんのブログ

チキン食べる準備はOK?Xmasに食べたい東京都内の豪快ローストチキン11選!|favy

この記事をかいた人

Sachiko

海外在住20余年、子育て・教育ライター。明治大学政治経済学部卒業。中国へ2年間留学。中国北京の日系広告会社で営業マネージャー。 結婚・出産後、北京で専業主婦。夫の転勤に同伴したフィジーで、アジアの女性のためのソーシャルグループ代表を務め、文化交流イベントを企画運営。2018年より、インド・デリー在住。ライターとして活動を始める。中国語HSK6級。TOEIC945点。中国生まれ、フィジー育ち、デリーで思春期を迎えた1人息子の母。 中国時代から共に過ごす老犬の介護中。