中学受験はいつから準備したらいいの?始める時期と注意点について ( 3 )

親も一緒に受験する意識を持つ

子供によって、興味や関心が違うため、親がサポートしながら少しずつ受験モードに導いていきます。しかし、子供だけががんばるのではなく、親も一緒にがんばるという姿勢を見せることも重要です。

受験モードになるまでは、親が主導になって情報を集め、子供のスイッチが入ったらサポートに回る。そして二人三脚で受験を乗り切ることを家族で確認するのです。

1人じゃないことが分かると、子供安心するのではないでしょうか。

まとめ

子供が自ら「中学受験をしたい」と思うことはありません。子供がやる気になるかどうかは、親が適切な時期を見極め、ベストなタイミングからスタートできるように、事前準備や情報収集が必要不可欠になってくるのです。中学受験を考えているなら、低学年のうちからこのような取り組みをするようにしましょう。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。