GPS機能付きキッズケータイ、どれがおすすめ?特徴や料金を比較 ( 2 )

au「安心ナビ」

auではGPSで子供の場所を探すことができるサービス「安心ナビ」を提供しています。親御さんが子供の現在地を確認するだけでなく、子供自身が自分の居場所を知らせるための機能も搭載されています。キッズケータイは「マモリ―ノ」と呼ばれるシリーズが発売されており、2019年2月に発売された「mamorino5」はブルー・ホワイト・ラベンダーの3色展開で、警備会社のセコムと対応した機能で、緊急時はセコムの緊急対処員が子供の場所に駆け付ける現場急行サービスを利用することができます。

参考

安心ナビ|au

特徴

「mamorino5」は、日本PTA全国協議会の推薦商品で、全国子ども会連合会推奨商品。携帯電話を子供に持たせることを不安に感じる保護者の方も多いかと思いますが、あらかじめ設定した相手のみ通話やSMSができるようになっているため、近年話題となっているネット上のトラブルを防ぐことができます。登録されていない番号から電話がかかってきた場合は電話がつながらず、ウェブサイトの閲覧やSNSへの投稿、オンラインゲームなどの利用もできません。

子供の居場所を確認することがもちろん、子供の在宅を保護者に知らせるサービスや着信自動応答・電池残量通知・電源オフなどの通知サービスもあります。保護者の悩みを反映した機能的なキッズケータイといえるでしょう。

料金

小学生以下の子供を対象とした、「mamorino5」「mamorino4」専用の料金プランでは、基本使用料は月額1,500円から、2年契約の割引サービスで500円からで利用することができます。また、小学生以下でジュニアスマートフォンを購入した場合は、割引サービスの利用で月額2,986円となります。また、「安心ナビ」を利用の際は、月額料金が300円+データ通信料がかかります。「安心ナビ」には対応機種があるため、購入時に確認するようにしましょう。

参考

安心ナビ | サービス・機能 | au

mamorino5(マモリーノ ファイブ) | ケータイ | au

ソフトバンク「位置ナビ」

特徴

ソフトバンクのGPSサービスとしては、「位置ナビ」があります。サイトにアクセスすることにより、子供が今どこにいるのかを探すことができるサービスで、子供側としては、位置検索を許可するかどうか設定できます。保護者側の検索リストは最大20名まで、子供側は保護者を最大10名まで許可リストとして登録することが可能です。

申込制のサービス「あんしんフィルター」では、子供がインターネットで不適切なサイトを閲覧するのを防ぎ、有害なアプリケーションから守ることができます。ソフトバンクは子供向けのキッズケータイとして、「キッズフォン」「みまもりケータイ」「ジュニアスマホ」などがあり、ジュニアスマホでは子供が使いやすい操作やネット制限で大人と同じiPhoneなどの機種を利用することができます。

参考

位置ナビ |ソフトバンク