【知らなきゃ損!】ドコモのキッズケータイプランの中身を徹底解説! ( 2 )

手続きについて

キッズケータイプランを手続きする際は従来通りお店に行って契約するやり方か、インターネットでの申し込みを選ぶことができます。なかなか店頭に行く時間がない方はインターネットで申し込むのをおすすめします。その際には「dアカウント」が必要ですから、あらかじめ準備しておきましょう。

キッズケータイF-03Jの料金と特徴

 

(参照元:rio_happylife111|Instagram)

ドコモで取り扱っているキッズケータイの機種は「F-03J」のみで、「HW-01D」「HW-01G」「HW-02C」は販売終了となっています(2019年8月現在)。

F-03Jの本体価格は11,664円で、

  • 24回払いだと毎月486円
  • 36回払いだと毎月324円

の支払いになります。防塵・防水なのでジュースをこぼしたり、公園の砂場で遊んでいても壊れる心配はありません。

防犯ブザーを引っ張ると、位置情報を送信、電話発信、ブザーが鳴るというもしもの時にも安心できるキッズケータイです。また、Tomoruという通知デバイスを購入し家に置いておくと、子供の帰宅をメールで知らせてくれます。

また、親のスマートフォンで「親子のきずなアプリ」を取っておくと、Bluetoothで子供が離れたら知らせてくれる機能もあります。

参考

あと3分で就寝!? 応用性高いLinking対応「Tomoru」で健康生活|家電Watch

キッズケータイプランを契約するときに知っておきたいこと

子供の行動が心配な親にとってキッズケータイは魅力的な携帯ではないでしょうか。しかし、良いことばかりではなく、契約する前に知っておいた方がいいことが3つあります。契約してからそんなの知らなかった、失敗した、とならないようにキッズケータイプランの内容をしっかり理解しておきましょう。

2年契約での途中解約は違約金が発生

キッズケータイプランの基本料金は定期契約(2年契約)と定期契約なしの2種類の料金プランがあります。

定期契約だと月額500円、定期契約なしだと月額1,000円の料金が発生します。2年契約の定期契約の方がお得なのですが、デメリットもあります。2年以内にキッズケータイプランを解約してしまうと違約金が9,500円(税抜)がかかってしまいます。

一方で定期契約なしの月額1,000円だといつでも解約することができ、違約金も発生しません。

毎月の基本料金が倍も違うので2年以上キッズケータイを使う予定であれば2年契約をおすすめします。