我が子ともう一度見たい不良ドラマ12選!年代別にご紹介 ( 2 )

~2010年・記憶に新しい不良ドラマ

2000年代に入ると、ドラマの中の不良もファッショナブルになり、俗に言う「カッコいい不良」が台頭します。今をときめく男性アイドルや俳優を輩出した作品も多くあります。

ごくせんシリーズ

 

(参照元:emi2415|Instagram)

やくざの娘でありながら高校教師である山口久美子(ヤンクミ)が主人公。不良たちの集まるクラスの担任になりますが、独自の教育方針で不良たちと次々に心を通わせていきます。大人気を博し、第3シリーズまで制作されました。山口久美子役には仲間由紀恵さん、生徒役には小栗旬さん・松本潤さん・赤西仁さん・亀梨和也さん・三浦春馬さんなどそうそうたるメンバーが出演しています。

ROOKIES

 

(参照元:kurachan.y|Instagram)

『週刊少年ジャンプ』で掲載されたマンガが原作のドラマ。熱血教師の川藤幸一(佐藤隆太さん)と不良のたまり場となってしまった野球部の再生を描いた物語です。市原隼人さん・佐藤健さん・城田優さん・中尾明慶さん・桐谷健太さんらが生徒役として出演。真っすぐにぶつかってくる川藤と生徒たちの絆が深まっていく様子は必見です。

GTO(反町隆史)

 

(参照元:loveiy.147369|Instagram)

主人公は元暴走族のリーダーで札付きの不良だった鬼塚英吉。GTOは「Great Teacher Onizuka」の略で、私立高校・武蔵野聖林学苑の教員となります。鬼塚役には反町隆史さん、生徒役には窪塚洋介さん・池内博之さん・小栗旬さんなどが出演されていて、クセの強い生徒役を見事に演じています。鬼塚が次第に生徒たちに受け入れられていく様子はとても爽快です。

ヤンキー母校に帰る

 

(参照元:goingsteady5420|Instagram)

北星学園余市高等学校を舞台に、母校の教師となった“ヤンキー先生”こと義家弘介さんをモデルにしたドラマ。義家弘介さんの著書『不良少年の夢』『ヤンキー母校に生きる』をベースに、生徒たちとヤンキー先生の交流が描かれています。主人公役は竹野内豊さん。生徒役には市原隼人さん・神田沙也加さん・永井大さんなどが出演されています。

池袋ウエストゲートパーク

 

(参照元:loungeresearchcom|Instagram)

石田衣良さんの著書『池袋ウエストゲートパーク』が原作のドラマ。黄色と黒のカラーギャングの抗争を描いています。通称はI.W.G.P。主人公の真島誠には長瀬智也さん、そのほかにも窪塚洋介さん・佐藤隆太さん・山下智久さん・坂口憲二さん・妻夫木聡さんというそうそうたるメンバーが出演しています。脚本は人気脚本家の宮藤官九郎さん。過激な内容からショックを受けたという人も少なくないドラマです。