我が子ともう一度見たい不良ドラマ12選!年代別にご紹介

不良を扱ったドラマって最近では少なくなってしまいましたが、かなり人気のあるカテゴリーであることに間違いはないでしょう。言葉遣いの悪さやけんかなどのシーンがあることから、親に見ることを禁止されたというパパ・ママ世代の人も多いのではないでしょうか? ただし、実際に見てみると人情に厚い仲間との絆や、正論を真っすぐにぶつける正直な姿などに惹かれて、熱心に見てしまうものです。

そこでこの記事では懐かしの不良ドラマを中心に、もう一度見たいと思わせてくれた作品をピックアップしてご紹介します。「あのころが懐かしい」と思われる方も「こんな時代があったんだ」と驚かれる方も、ぜひ一度見てほしい作品ばかりです。

不良ドラマの魅力とは?

学園ドラマに付きものだった不良。今では「不良」という言葉自体が死語に近いですが、かっこいい男の子に憧れたり、自分とは正反対の生き方に憧れたりという存在だったはずです。暴れたり弱い者いじめをするのではなく、権力や卑怯な大人に立ち向かっていく様子は実に爽快で、現実世界ではあり得ないと分かっていても「こんなふうに言えたらいいな」なんて思うことも多いのです。

~1990年・懐かしの不良ドラマ

1990年代は不良ドラマの宝庫です。今でも語り継がれる名ドラマが多くありました。

積木くずし

 

(参照元:daddyodadier|Instagram)

俳優・穂積隆信さんの実話を基にしたドラマ。13歳である日突然不良になってしまった娘の由香里さんとの壮絶な日々が生々しく描かれています。由香里さんを演じたのは女優の高部知子さん。アフロヘアーに濃い化粧、派手なボンタンの衣装はとても衝撃的でした。

不良少女と呼ばれて

 

(参照元:e_iwnm|Instagram)

舞楽者・原笙子さんの実話をモデルにしたドラマ。当時アイドルだった伊藤麻衣子さんが不良少女役を熱演し、話題になりました。「あなたさえ生まれてこなければ」という母親のせりふに傷ついた少女は荒れ狂った生活を送り、不良グループのリーダーになります。その後出会った国広富之さん演じる青年・久樹哲也の愛に支えられて、一流の舞楽者になるまでが描かれています。

スケバン刑事

 

(参照元:sky520cloud|Instagram)

少年院に送られていた主人公・麻宮サキが特命として引き受けた学生刑事の物語。武器は桜の代紋が刻印されたヨーヨーで、「鷹ノ羽学園2年B組麻宮サキ。またの名は“スケバン刑事”!」という決めぜりふで悪い相手を倒していきます。主演は当時絶大な人気を誇った斉藤由貴さん。後にこのシリーズは南野陽子さん・浅香唯さんが主演で映画も作成されました。

ビー・バップ・ハイスクール

 

(参照元:kazutomotakasu|Instagram)

地元ではツッパリで有名なヒロシとトオルの2人組。この2人がけんかや恋に奔走する姿を描いたドラマです。マドンナ役には中山美穂さん、ヒロシ役は清水宏次朗さん、トオル役は仲村トオルさんが演じています。大人気のドラマで、後に映画化され6作も制作されたほど。当時はヒロシとトオルの髪形やファッションが話題になりました。

茜さんのお弁当

 

(参照元:fullmetal_8181|Instagram)

八千草薫さん演じる茜の経営するお弁当屋が深刻な人手不足に陥ってしまいます。その時に動いたのが少年院上がりの従業員・土門渉(故・古尾谷雅人さん)。少年院で知り合った曲者の友人たちを従業員として働かせようとしますが、茜との葛藤、不良たちの心の変化などを生き生きと描いた作品です。当時大人気だった横浜銀蝿のJohnnyが歌った主題歌は大ヒットしました。