中学生の門限は何時?気になる皆の門限事情と最適な門限の決め方 ( 2 )

中学生の門限を決めるときのポイント


それでは、いざ中学生の門限を決めるとなったとき、どのようなことをポイントにすれば良いのでしょうか?

子供のライフスタイルに合わせて門限を決める

中学生の門限は、部活の有無など、ライフスタイルに合わせて考えると決めやすくなります。部活がある場合は18時ごろまでに下校させる学校が多いので、学校と家が近い場合は18時30分~19時くらいには帰宅できることになります。

これらを考慮して無理なく帰宅できる19時~20時ごろを基準に門限を決めると、子供のライフスタイルにも合うため、門限を守りやすくなるでしょう。

暗くなる時間を基準に門限を決める

夜遅くに子供が外出していると、何かの犯罪に巻き込まれる可能性も高まります。特に女の子の場合は心配が尽きないという親御さんも多いことでしょう。

危険を避けるために、暗くなる時間を基準に門限を決めるというのもポイントの1つです。暗くなる時間は時期によって異なるため、冬場は18時、夏は19時というように季節ごとに門限を変えても良いかもしれません。

特別なイベントの日の門限も決めておく

普段は特に門限を決めていなくても、お祭りや花火など、特別なイベントの日の門限は決めておくと便利です。特別なイベントの日の場合、中学生であれば友達同士で盛り上がりたい、と楽しみにしていることもあることでしょう。

あくまで家庭の方針次第ですが、今日は特別ということで、いつもよりも遅い時間に門限を設定しても良いかもしれません。19時~22時ごろの範囲で門限を決めておき、途中で必ず家に連絡を入れるように約束させると安心です。