幼稚園願書はどう書く?家庭教育の方針を書くポイントと例文を紹介 ( 2 )

『家庭教育の方針』の書き方と例文

『家庭教育の方針』を書くときのポイント

  • 将来どうなってほしいか想像する
  • 将来の姿に近づくために必要な能力
  • 具体的に取り組んでいること

をしっかり押さえて教育方針を書いていきましょう。願書によって教育方針を書く欄の大きさは異なるため、文字数は調整してください。『家庭教育の方針』は上記の順に書いていくと分かりやすいでしょう。上記3つの項目が園の教育方針と同じなら説得力もあるでしょう。

例文

以下の文章で約170文字です。参考にしてください。

優しくて思いやりのある子に育ってほしいと願っています。そのためには相手の気持ちになって考えることができたり、困っている人を助けようとしたりする気持ちが大切だと思います。家庭では自分がされて嫌なことは人にはしないように教育しており、ありがとうやごめん

なさいを言わせるよう心がけています。今後は助け合うことの大切さも学んでいってほしいと願っています。

『家庭教育の方針』以外の項目の書き方

『家庭教育の方針』の書き方について詳しく解説してきました。しかし、それ以外の項目の書き方についても戸惑っている方が多いのではないでしょうか。

次は、願書の項目【志望理由】【園に対する要望】【長所・短所】【健康状態】の書き方についてご紹介します。

志望理由

なぜこの幼稚園を希望したのかを記入します。志望理由を書くのが難しい場合は、

  • 園の教育方針が家庭とマッチしていた
  • 家から近く、緊急のときにも対応できる
  • 入園する前に見学をしてみたときの感想
  • 先生が元気に挨拶していたから

などを文章に取り入れてみましょう。具体的に「○○がとても良く、子供を預けても安心だと思った」などと書くと、より伝わりやすくなります。

園に対する要望

園に対する要望はいくつかあるかもしれませんが、願書には書かないほうが良いこともあります。例えば、

  • 悪いことをしたら叱ってください
  • 座って食事をしないときは注意してください
  • 挨拶するよう、しつけをしてください

など、家でできるしつけを園に押しつけるような内容は避けましょう。

園に対する要望については、

  • 些細なことでも知らせてほしい
  • 事務的な連絡だけではなく、その日の出来事や子供の様子なども教えてほしい
  • アレルギーに関する配慮
  • 子供の発達に関して配慮してほしいこと

などを書くようにしましょう。お子さんが園でスムーズに過ごすために要望したいことを書きます。

長所・短所

子供の性格や長所・短所を記入する欄です。「何回言っても言うことを聞かない」「物覚えが悪い」など、子供を否定するようなことは書かないようにしましょう。短所は考え方を変えれば長所になることもあります。なかなか思いつかないときは、日頃の様子を思い出してみるのもいいでしょう。

下記の記事でも詳しく説明していますので、参考にしてください。

https://cocoiro.me/article/47321

健康状態

健康診断の結果や、これまでにした大きな病気やけが、子供の発達に関して知っておいてほしいことなどを記入します。例えば、

  • トイレトレーニング中である
  • 言葉に遅れがある
  • 発達に問題がある
  • コミュニケーションに多少不安がある

などが挙げられます。病気やけが、発達の状況は子供の幼稚園生活に大きくかかわるため、必ず記入するようにしましょう。

まとめ

幼稚園の願書の『家庭教育の方針』の書き方についてご紹介しました。願書に記入する前に

  • 子供の将来像を考える
  • 将来像に近づくために必要な能力
  • 現在具体的に取り組んでいること

を書き出すと、スムーズに書くことができるでしょう。

幼稚園の願書は配布期間や締め切りが決まっており、一般的には

  • 10月に配布開始
  • 11月から受付開始

という流れになっています。願書は時間に余裕をもって提出するよう心がけましょう。

参考
入園申込みの流れ|足立区
幼稚園願書の教育方針の書き方とは?好感度アップの方法|Chiik!
【記入例あり】幼稚園の願書徹底ガイド!書き方・写真・配布・提出方法も解説!|ままのて
家庭の教育方針は決めるべき?わが家の決め方・考え方|Chiik!
教育方針って何?幼稚園の願書を書くときにどうかけばよいの?書き方のポイントと記入例|mamari

この記事をかいた人

masaaki

【職業】 会社員/フリーライター 【経歴】 地方国立大学卒業後製造工場に就職。現在、サラリーマンとして働く一方ライターとして活動中。2児の父。個人ブログを1つ運営中。 【趣味】 ・子供と遊ぶ ・読書 ・野球(観戦とプレー両方) 【得意分野】 ・家事 ・育児 ・教育 ・就職/ビジネス関係 ・スポーツ関係