レゴ(LEGO)クラシックで自由に作ろう!大人気の作品例

子供はブロック遊びが好きです。幼稚園や保育園、児童館などでもブロック遊びは取り入れられることが多いですし、小学校に上がっても放課後に学童保育などでブロック遊びをする子供は少なくありません。中でも人気の高いのは、さまざまな形を作ることができるレゴ(LEGO)でしょう。人形などの付属品も凝っているものが多く、ディズニーやスターウォーズなどとのコラボレーションにも人気があります。

そこでこの記事では数多くあるレゴの中から「レゴ(LEGO)クラシック」と呼ばれるシリーズについてまとめました。作品例や作り方などもご紹介しますので、ぜひ子供と一緒に挑戦してみてください。

レゴ(LEGO)クラシックとは?

レゴ(LEGO)にはいろいろな種類があり、過去にあった物も含めるととてもたくさんのバリエーションがあります。

その中でもレゴ (LEGO)クラシックは、「古い」という意味のクラシックではなく、いろいろなパーツがセットになった基本ブロックのシリーズのことをいいます。

レゴ(LEGO)クラシックの種類をご紹介!

レゴ(LEGO)クラシックには、アイデアボックスシリーズ・アイデアパーツシリーズの2つのシリーズがあります。ここではそれぞれのシリーズについてご紹介します。

レゴ(LEGO)クラシック・アイデアボックスシリーズ

レゴ(LEGO)クラシックのアイデアボックスシリーズには3つの商品があります。

レゴ(LEGO)クラシック黄色のアイデアボックス スペシャル 10698

ピース数 790ピース
付属品
  • 8種類の窓とドア
  • 2つのグリーンベースプレート
  • 6本のタイヤとホイールリム
ブロックの色 33色
特徴
  • 収納ボックス:使いやすいプラスチック製の収納ボックス
  • お城・家・ロボット・スクーターなどが作れる

最もピース数の多いセットです。付属品の窓は円形のものもあるので、お城つくりなどに最適。33色という多彩な色が子供の創造力を育みます。

レゴ(LEGO)クラシック黄色のアイデアボックス プラス 10696

ピース数 484ピース
付属品
  • タイヤ18本
  • ホイールリム
  • グリーンベースプレート
ブロックの色 35色
特徴
  • 収納ボックス:使いやすいプラスチック製の収納ボックス
  • 花・動物・列車・風車などが作れる

シリーズの中では最も色の多い35色。建物・乗り物・動物など何でも作ることができます。プラスチック製の収納ボックスは散らかりやすいブロックを子供でも上手に片付けることができます。