ハロウィンパーティーにおすすめ!かわいいハロウィン肉料理16選

お家でハロウィンを楽しむ人が増えています。そこで、ハロウィンのホームパーティを盛り上げる肉料理をご紹介します。ご紹介するハロウィン肉料理はデザインがかわいく、見た目に美しく盛り付けてあるので、気分が華やかになる料理が並びます。ぜひ一度ご参考にお料理を楽しんでみてください。

メインディッシュになる肉料理

肉料理というと、まず思い浮かべるのがブロック肉ではないでしょうか。ナイフが使えない子供や、お肉がかみ切れない小さな子供にはハンバーグや肉詰めがおすすめです。では、ハロウィンパーティのメインディッシュとなる肉料理の中から、おすすめのレシピをご紹介します。

ステーキ・ハンバーグ

ご紹介するレシピは、好きな肉の種類や部位を選んで作ることができます。付け合わせのお野菜もパーティに来る人の喜ぶものをアレンジなさってください。

サラダと一緒に盛り付けアレンジ

(参照元:Salad_Cafe_plus|Twitter)

大きめのブロック肉を焼いて、サラダと一緒に盛り付けましょう。お肉の部位や味付けはお好きなもので構いません。お手本にしたいのは、ハロウィンパーティを豪華に見せる盛り付けです。うずらの卵には細切りにしたスライスチーズを巻いてミイラを作ります。また、お好きな野菜をコウモリや星などの型抜きでくりぬいて盛り付けましょう。お肉の色と、鮮やかなサラダが食欲をそそる一品です。

参考

スペアリブとクレソン森のかくれんぼ|サラダカフェ

チーズでアレンジ

スライスチーズは最後の仕上げに肉料理の上にのせるだけで、お肉の余熱でとろけるので、焦げずにきれいに見せることができます。上手にチーズを溶かすために、仕上げの前に冷蔵庫から出して常温に戻しておくのがおすすめです。

【大きなハンバーグの場合】

 

(参照元:reichocolate06|Instagram)

大きなハンバーグにスライスチーズをのせ、お化けやジャック・オ・ランタンの顔に見立てて海苔で飾りましょう。海苔の顔のアレンジは食べる人が喜ぶデザインにして、華やかに仕上げましょう。

【小さな肉団子の場合】

 

(参照元:kmk1206832|Instagram)

小さな肉団子にスライスチーズをすっぽりと被せましょう。仕上げに海苔で顔を付ければ、マントを被ったお化けの完成です。たくさんお皿にいるとにぎやかでかわいい肉料理になりパーティにぴったりの一品になります。

肉詰め

カラフルなパプリカの肉詰め

 

(参照元:chiezo17|Instagram)

ジャック・オ・ランタンの顔をくりぬいて作ったパプリカの肉詰めです。オーブンで焼くと、皮の水分が肉汁と相まって溶け出し、見た目におどろおどろしくなりますが、パプリカの甘みとひき肉の旨みがやみつきになる一品です。パプリカの赤はパーティの華やかさを引き立てる差し色になるため飾り効果も抜群です。パプリカの肉詰めの作り方は下記参考動画をご覧ください。

【ジャック・オ・ランタン風パプリカの肉詰めの作り方】

(参照元:パプリカでジャックオランタン|YouTube)

カボチャを1つ丸ごと使った肉詰め

(参照元:KOKKAEN_PR|Twitter)

小さなカボチャを1つ、まるごと使ったカボチャの肉詰めは見た目にもかわいい豪華料理でパーティのメニューになります。カボチャは中身をくりぬきやすくするために、全体をラップで包んで電子レンジで加熱しましょう。そして、くりぬいたカボチャの内側に片栗粉をまぶし、具材をぎゅっと詰めるとおいしく仕上がります。チーズに焦げ目がつくと見た目がきれいに仕上がるため、オーブンで焼くのがおすすめです。

参考

ハロウィンパーティに!ボリューム満点「まるごとかぼちゃの肉詰め|北欧、暮らしの道具店