お手軽派?こだわり派?今年のハロウィンラッピングはこれで決まり!

ハロウィン用に準備したお菓子も、そのまま渡すのは少しさみしいものです。せっかくなら、ひと手間加えたラッピングをして子供たちを喜ばせてみませんか?

今回は、かわいいものやユニークなものなど、いろんな種類のラッピングをご紹介していきます。簡単にできる「お手軽編」と、少し難しいですが見栄えのする「こだわり編」に分けてご紹介しますので、自分や子供に合ったラッピング方法を見付けてください。

ハロウィンラッピング~お手軽編~

まずはお手軽にラッピングできる方法を5つご紹介していきます。材料は100円ショップなどでそろえることができます。お手軽編には子供にできる作業もたくさんありますので、ぜひ一緒に楽しみながら作ってみてください。

キャンディーをつなげて首飾りに

脇役になってしまいがちな小さなキャンディーも、首飾りにすれば子供たちも大喜びです。もちろんキャンディー以外の個包装のラムネやガム、グミなどでもお菓子の首飾りを作ることができます。リボンやモールなどの飾りは、ハロウィン風になるようにオレンジや黒、紫などを選ぶのがおすすめです。

準備するもの

  • あめ(10個前後)
  • ラッピングフィルム(透明)
  • セロハンテープ
  • リボン、モールなどの飾り

作り方

  1. ラッピングフィルムを幅10cm、縦100cmほどに縦長に切ります。
  2. ラッピングフィルムに10cm間隔に1つ入るくらいに飴を並べます。
  3. ラッピングフィルムで飴を包むようにしてくるくる折ります。
  4. 飴の後ろの部分をセロハンテープで止め、飴が出てこないようにします。
  5. 飴と飴の間にリボンやモールなどの飾りを付けます。
  6. 端同士をしっかりとセロハンテープでとめ、リボンやモールなどで見えないように飾り付けをして完成です。

参考

簡単!ハロウィンに☆キャンディーレイ☆|暮らしニスタ

ビニール手袋でちょととホラーなラッピング

ビニール手袋にお菓子を入れると、ちょっぴり怖くて面白いラッピングが出来上がります驚かれるかもしれませんが、ユニークなラッピングでハロウィンの気分を盛り上げること間違いなしです。ビニール手袋は、なるべく中身の見える透明な物を選ぶのがポイントです。

準備するもの

  • スナック菓子(ポップコーンやカールなどがおすすめ)
  • ビニール手袋
  • モール

作り方

①ビニール手袋の中に、8分目くらいまでスナック菓子を入れます。手の形が分かるように指の部分にもお菓子をしっかり入れます。

②ビニール手袋の手首の部分をモールでとめて完成です。

紙袋を折り紙でデコレーション

折り紙で好きな飾りを作って、紙袋にデコレーションをしていきます。もし折るのが難しければ、絵を描いて切り取るだけでもかわいくデコレーションできます。

準備するもの

  • 紙袋
  • 折り紙
  • はさみ
  • のり

作り方

  1. 折り紙でランタンやこうもりなどを折ったり、絵を描いて切り抜いたりします。
  2. 紙袋に1をのりで貼り付け、デコレーションします。
  3. 紙袋の中にお菓子を入れ、口を閉めたら完成です。