小学生で彼氏・彼女は当たり前?親が知っておきたい事とは? ( 3 )

小学生の恋愛で親が気をつけるべき点

小学生の恋愛で親が気をつけるべき点
まだまだ子供だと思っていても、人を好きになることは止められません。小学生のつき合いは、告白して両思いとわかった時点で成立しますので、大人が思うような深い関係になることはほとんどありません。

しかし子供でも異性に対する興味は芽生えていますので、手放しで喜んでばかりもいられません。小学生の子供の恋愛について、親はどこを注意して見守ればいいかをご紹介します。

相手の子供のことを知っておく

いくら子供同士がつき合っているからといっても、まだ子供ですから恋愛というものをよくわかっていません。彼氏や彼女ができたと言われたら、相手の子の家族構成やプロフィルはきちんと確認しておきましょう。

相手の子の両親が共働きだった場合、昼間は子供だけになります。もしも相手の家に遊びに行って2人きりになったら、子供でも一線を越えてしまう可能性はあります。こういうときは相手の家には遊びに行かず、自分の家に連れてくるよう促しましょう。念のため相手の家族構成や生活環境などは知っておくと安心です。

スマホの履歴・使っているアプリなど把握しておく

小学生でもスマホを持つ時代ですから、彼氏や彼女ができればLINEで普通にやり取りします。子供同士のたわいない会話なら気にすることはありませんが、ネットは何があるか分かりません。

悪気はなくても興味本位で小学生には不向きのサイトを閲覧している可能性もあります。知らずに悪徳商法に引っかかってしまう可能性もあるので、スマホの履歴や使っているアプリは把握しておきたいところです。ただしこっそり盗み見るようなまねはおすすめできません。スマホを買うときに親に見せることを約束しておくか、子供が勝手に利用できない設定にしておくといいでしょう。

頭ごなしに恋愛を否定しない

[speech_bubble type=”pink” subtype=”L1″ icon=”foreignmother.jpg” name=”ママ”] まだ子供なんだから、彼氏なんて早すぎる! [/speech_bubble]

たいていの親はこのように思うのが正直なところでしょう。しかし頭ごなしに否定してしまうと、子供自身を否定することになってしまいます。人を好きになるのは悪いことではありませんので、その気持ちはできるだけ尊重してあげましょう。

好きな人がいると学校に行くのが楽しくなりますし、勉強も頑張思いになり周囲が公認する程度です。彼氏・彼女という関係はいいとしても、どこまでOKなのかを親子で話し合い、ルールを決めておきましょう。子供もルールがあった方が判断しやすいですし、親に認められればうれしいですし自信が持てます。

まとめ:子供のことを尊重し、よく話し合う

小学生はまだまだ子供です。親にしてみたらまだかわいい盛りですから、突然彼氏や彼女ができたと言われたら驚くでしょう。ですが、小学生でも彼氏や彼女がいるのは珍しくない時代です。

こういうとき親の接し方次第で、子供の考え方も変わってきます。大切なのはよく話し合うことです。時に子供のことも尊重しつつ、ルールを決めその範囲内でのつき合いならOKとしておけば安心です。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。