なぜ幼少期にピアノが人気なのか?人気の習い事の秘密に迫る

なぜ幼少期にピアノが人気なのか?人気の習い事の秘密に迫る

「子供にピアノを習わせたい!」と考えているパパ、ママは少なくありません。幼少期の習い事としてもっとも人気と言っても過言ではないでしょう。そんなピアノですが、小さい頃から習うことでどんなメリットがあるのでしょうか? 本記事ではピアノを習うことで得られる効果と注意したいポイントをご紹介します。

子供にピアノを習わせる3つのメリット

数ある習い事の選択肢の中でなぜピアノが選ばれるのでしょうか? 華やかな習い事の印象ですが、幼少期に習うことによるメリットはイメージだけにとどまりません。ピアノを習うことによるメリットを3つご紹介します。

音楽の基礎が身につく

ピアノは88鍵で音域がとても広く、オーケストラの音域までカバーしています。音域が広いだけに楽譜を読む力が他の楽器と比べても高度に求められます。最初は難しいかもしれませんが、一度身につけると他の楽器への着手もそれほど難しくなくなります。ピアノは音楽の入り口におすすめです。

指や足など全身を使うことで器用さを得られる

ピアノを習うと手の指が鍛えられると一般的に言われています。しかし、実際にはリズムに合わせて足でペダルを踏んだり、一本一本の指を常に楽譜に合わせて動かす必要があります。神経を使う行為ですが、幼少期からピアノの練習を重ねることで生涯において役に立つ器用さを得ることができます。

行事などの表舞台で披露できる

他の多くの楽器は、単体で演奏しても音楽としては完成しません。しかし、ピアノは単独演奏でも曲として高い完成度を実現できます。演奏会はもちろんですが、学校生活における集会や合唱コンクールなどで披露することもできます。努力すれば脚光を浴びられる機会が多いのも、ピアノのメリットと言えます。