浴衣に合う子供の崩れにくい髪型は?ヘアアクセサリーもご紹介

夏は暑いですから、女の子は髪を結い上げて涼しく過ごしたいものです。特に夏のイベントに、普段着ではなく浴衣を着て参加する場合には、髪型もいつもと違うかわいいヘアアレンジを施してあげましょう。髪の長さで分けて、浴衣に合うヘアアレンジ方法を動画とともにご紹介します。また、華やかな浴衣に合うよう、髪飾りも特別なものを準備してはいかがでしょうか。夏のイベントに全力でおしゃれを楽しめる女の子のヘアアイテムもご紹介します。

【ショートカット】おすすめのヘアアレンジ

【浴衣に合うショートカットの編み込みの動画】

ショートカットの場合、片側だけの編み込みヘアアレンジがおすすめです。

【片側編み込みの手順】

  1. 好きな側の髪を耳にかけます。この時、少し前髪を残しておくとかわいらしさが出ます。
  2. 耳にかけた髪の毛のうち、編み込みたいところの毛束を少し多めに取ります。
  3. 毛束を一番額側(以後、前)、真ん中(以後、中)、一番後頭部側(以後、後)で3つに分けます。
  4. 前の毛束を、中の毛束の下に入れ、後の毛束の上を通るようにして、一番後ろまで引っ張ります。ここで、当初の中の毛束が、新しく前の毛束になり、当初の後の毛束が、新しく中の毛束になります。
  5. 新しく前になった毛束に少し髪を足してから、中の毛束の下に入れます。
  6. 新しく後になった毛束に少し髪を足してから、中の毛束の下に入れます。
  7. 5と6を繰り返して編み込んでいきます。
  8. 耳の上まで来たら耳にかけながら、新しく毛を足さずに、三つ編みにします。
  9. ある程度まで来たら、毛先をゴムで留め、結び目が見えないように耳にかけ髪を下ろします。

編み込みをするときは、前と後の毛束に新しい髪を足しながら、中の毛束の下に通すようにしましょう。ご紹介したのは、片側のみの編み込みですが、両サイドを編み込んでもいいでしょう。顔周りがすっきり見えて新鮮な気分になれます。

参考
ショートヘアアレンジ集☆6つのアレンジに分けて一挙ご紹介!|folk
浴衣に合うレディースのショートの髪型!簡単な髪飾りを使ったアレンジなどを紹介!|Lady’s Code Collection

【ミディアム】おすすめのヘアアレンジ

編み込み

【ウォーターフォール(落とし編み込み)の動画】

いつもの編み込みに飽きた方や、個性的な編み込みをしてみたい方におすすめです。

【ウォーターフォール(落とし編み込み)の手順】

  1. 好きな側の毛束を取り、2等分します。このときにできた毛束のうち、額側を前、後頭部側を後で説明します。
  2. 後の毛束が前の毛束の下に来るように交差させます。
  3. 新しい毛束を後頭部側から少し取ります。この時、先に取った毛束とあわせて3本の毛束ができることになります。
  4. 中央の毛束が、後の毛束の下に来るように交差させ、一番前の毛束を下に落とします。
  5. 後と中央の交差地点の下から、新しい毛束を少し取ります。これが新しい前の毛束になります。
  6. 中央の毛束が、前の毛束の下に来るように交差させます。
  7. 後の毛束に新しい髪を加え、中央の毛束が、後の毛束の下に来るように交差させ、一番前の毛束を下に落とします。
  8. 5から7を繰り返して編み込んでいきます。このとき、編み込みのラインが後頭部の丸みの下を沿うようにし、反対側の耳の上まで編み込むようにします。
  9. 反対側の耳の上まで編み込んだら、下からピンで留めます。
  10. 9のピンと交差するようにしたからピンで留め、しっかりと固定します。

最後に耳の上に飾りピンをさすとかわいさがアップします。浴衣に合う飾りピンは後でご紹介していますので、参考にしてください。

ツインテール

【編み込みツインテールの動画】

動き回る子供の髪は一つにまとめて編み込むよりもツインテールにして編み込んだ方が、崩れにくくおしゃれな形をキープすることができます。スポーツをするときや、体育の授業でも活用できますので、動きの多い女の子におすすめのスポーツアレンジです。

【編み込みツインテールの手順】

  1. 後頭部の髪の毛を、コームをじぐざぐに入れて二つに分けます。
  2. 左右に分けたら、髪をとかして一度ピンで仮留めします。
  3. 片側の毛束を編んでいきましょう。
  4. こめかみあたりからコームを横に入れて、上下に分け、上部の毛を3等分します。このとき、額側を前、後頭部側を後、そして、中央を中とします。
  5. 前の毛束を中の毛束の下を通して、中央の位置にします。
  6. 後の毛束を中の毛束の下を通して、中央の位置にします。
  7. 前の毛束に新しい毛を足してから、中の毛束の下を通して、中央の位置にします。
  8. 後の毛束に新しい毛を足してから、中の毛束の下を通して、中央の位置にします。
  9. 7と8を繰り返して編み込んでいき、ある程度まできたら、毛先をゴムで留めます。

編み込みを少し引っ張って、ルーズにするとかわいらしく仕上がります。編み込んだ毛は耳にかけない方がおすすめです。