気になる!中等教育学校の特徴やメリット、デメリットについて解説 ( 2 )

中等教育学校のメリット

中等教育学校には、いくつかのメリットがあり、そのメリットをしっかりと理解しておくことが、中等教育学校を進路選択するかどうかの判断材料になっていくでしょう。ここからは、中等教育学校のメリットについて詳しく紹介していきます。

高校受験がない

中等教育学校のメリットの1つ目に挙げられるのが、高校受験がないということ。高校受験がないということは、中等教育学校の最大のメリットとも言えるものです。実際に、中等教育学校の選考を受ける人の多くは、高校受験がないというメリットを考えて、中等教育学校を選択しています。

また、高校受験がないということは、中学の3年間を受験に追われることなく、ゆとりある気持ちで過ごせるということ。そのため、中等教育学校は、部活動や友人関係など勉強以外のことにもしっかりと打ち込めるようなゆとりある環境であると言えるでしょう。

生徒の個性を尊重している

中等教育学校のメリットの2つ目に挙げられるのが、生徒の個性を尊重しているということ。中等教育学校は、生徒の個性を尊重した教育をしているのが特徴であり、学校によって独自の校風や特色があります。そのため、子供の個性に合った中等教育学校を選択することで、子供の個性や能力をさらに伸ばしていける環境に子供を置くことができ、結果として、子供にとって良い選択となる学校に出合えることも多くなると言えるでしょう。

独自のカリキュラムの充実

中等教育学校のメリットの3つ目に挙げられるのが、独自のカリキュラムが充実しているということ。中等教育学校は、生徒の個性を尊重していると前述しましたが、それに関連して、個性を伸ばしていけるような学校独自のカリキュラムも充実しています。6年間という長い期間でカリキュラムを組むことができるため、先取り学習など高校で学ぶことを中学で学ぶことができたりと、6年間を通してゆとりある学習を実施することができます。

優秀な生徒が多い傾向にある

中等教育学校のメリットの3つ目に挙げられるのが、優秀な生徒が多い傾向にあるということ。中等教育学校は、入学の際に、学力検査や適性検査があるため、一定水準の学力のある子供達が集まる傾向にあり、優秀な生徒も多いと言われています。また、学力検査がなく、適性検査を実施している公立校も、結局は学力を必要とするものが多く、一定の学力がないと中等教育学校に入ることは難しいと言えます。

友達と深い関係を築きやすい

中等教育学校のメリットの4つ目に挙げられるのが、友達との関係をより深められるということ。

6年間という長い期間を同じ環境で過ごすため、親友と呼べるような一生の付き合いになる友達ができる可能性も多くあると言えるでしょう。