最新版!シンカリオンのおもちゃの種類を紹介!

シンカリオンというアニメをご存知ですか? 『新幹線変形ロボ シンカリオン』といい、その名前にもある通り、新幹線が変形し、ロボットになるアニメのことをいいます。シンカリオンのアニメは、2018年からテレビ放送されています。

新幹線が好きな子供に人気が高く、アニメの中に出てくるロボットのシンカリオンは、おもちゃとしても発売され、シンカリオンのおもちゃもアニメ同様に子供に人気が高いものとなっています。普通のプラレールと同じ三両で構成され、先頭車両と後尾車両を変形させることでロボットに変身させることが可能。中間車両は、武器を格納する武器庫となっています。シンカリオンは、モーター付きではないため、電動走行をすることはできず、プラレールのレールで走らせたい場合は、手で走らせることが可能です。

今回は、そんな子供に人気の高いシンカリオンのおもちゃの種類について詳しくご紹介していきます。新幹線の好きな子供を持つご家庭や子供がシンカリオンにはまっているというご家庭は、必見です!

シンカリオンの種類

シンカリオンには多くの種類があり、シンカリオンのおもちゃもアニメと同じように多くの種類のものが発売されています。

デラックスシンカリオンシリーズ

ここからは、デラックスシンカリオンシリーズについて詳しくご紹介をしていきます。

 

(参照元:mi03yu14ki|Instagram)

DXS103 ブラックシンカリオン オーガ

 

(参照元:shinband|Instagram)

デラックスシンカリオンシリーズの1つ目は、DXS103 ブラックシンカリオン オーガ。2019年8月発売予定で、シンカリオンの中でも新しいものであるこちらは、車両の幅を線路の幅に合わせて変動することができ、どの区間でも運転可能な「謎の新幹線」と呼ばれるシンカリオンです。

黒と赤、金色に光輝くブラックシンカリオンオーガは、基本の三両と、頭部に搭載するオーガマスク、ブラックハヤブサ、黄金の金棒の武器となるフリーゲージカナボウがセットになっており、鬼のような顔をしたその見た目からもとても強いことが伝わってきます。強くて格好の良いブラックシンカリオンオーガは、子供に高い人気を誇ります。

 DXS101 シンカリオン E5はやぶさ MkII

 

(参照元:miho.209shinbo|Instagram)

デラックスシンカリオンシリーズの2つ目は、DXS101 シンカリオン E5はやぶさ MkII。2019年4月発売で、緑色が際立つE5系はやぶさ新幹線のシンカリオンです。E5はやぶさMKIIは、走行スピードが日本最速の320㎞ととても速く、シンカリオンの基本の三両と、上空探査機はやぶさ、武器のカイサツブレード、武器を入れるカイサツブレ―ドケースなどがセットになっています。

また、別売りの他の種類のシンカリオンと合体させることで、さらに進化させ、変身することも可能。E5はやぶさ MkIIは、車体の緑がとても格好良く、スピード感のあるシンカリオンロボットです。

DXS102 シンカリオン 923 ドクターイエロー

 

(参照元:xieyue1267|Instagram)

2019年6月発売で子供に大人気の黄色い新幹線「ドクターイエロー」のシンカリオンです。「ドクターイエロー」は、線路や架線の状態をチェックするいわば「電車のお医者さん」。普通の新幹線ではないため、必ずこの場所で見られるというものではありません。そんなドクターイエローのシンカリオンは、黄色が格好いいと子供に大人気のよう。

基本の三両と、頭部に搭載するヘッドギア、武器になるケンソクウエポントロリブレードがセットになっており、別売りのE5はやぶさMKIIとオーバークロス合体させることも可能。黄色に光り輝くドクターイエローのシンカリオンは、子供に大人気のシンカリオンロボットです。

DXS13 ブラックシンカリオン紅

 

(参照元:iron_darth_jedi|Instagram)

2019年2月発売。真紅の車体が目を引く正体不明の謎のシンカリオンです。突然現れた謎の新幹線は、基本の三両と頭部に搭載するヘッドギア、武器であるダークカイサツソードがセットになっており、別売りのE5はやぶさと合体させることで、さらにパワーアップさせることも可能。持っていると、思わず友達に自慢したくなるようなシンカリオンロボットです。

DXS12 E3つばさ アイアンウイング

デラックスシンカリオンシリーズの5つ目は、DXS12 E3つばさ アイアンウイング。こちらは、2018年12月発売であり、山形新幹線専用として1999年に登場したE3系つばさ新幹線のシンカリオンです。光り輝く銀色の車体と緑のラインが格好の良いE3つばさアイアンウィングは、変幻自在の戦いを得意とした忍者シンカリオンと呼ばれ、忍術をベースにした体術で敵を翻弄します。基本の3両と、頭部につけるベッドギア、武器であるシンリフミキリシュリケンがセットになっており、E6こまちとリンク合体させることで、更にパワーアップ。E3つばさアイアンウィングは、忍者のような動きが格好の良いシンカリオンロボットです。

 

(参照元:mi03yu14ki|Instagram)

DXS09 シンカリオン 500こだま

 

(参照元:mirapedo3|Instagram)

2018年8月発売の500系こだま新幹線のシンカリオンです。ブルーとホワイトが目を引く500こだまは、攻撃型シンカリオンと呼ばれ、全身からのミサイル攻撃は、破壊力抜群で子供に大人気。4両編成からなり、先頭から三両がロボットに変身し、後尾車両は武器に変形します。

他にも、頭部に搭載するヘッドギア、武器であるシンゴウスピア、カイサツソード、ウィングなどもセットになっており、別売りのE5はやぶさと合体させることで、E5クロス500に変身することができます。500こだまは、4両編成の攻撃力の高いシンカリオンロボットです。

DXS07 シンカリオン 800つばめ

デラックスシンカリオンシリーズの7つ目は、DXS07 シンカリオン 800つばめ。こちらは、2018年6月発売であり、九州を代表するつばめ新幹線のシンカリオンです。白に赤の車体が綺麗な800つばめは、基本の三両と頭部に搭載するヘッドギア、敵を射抜く矢であるパンダグラファローがセットになっており、アニメの中では、背中に装着しているスワローウィングと足に装着しているサブウィングでつばめのように華麗に空を舞います。また、E5はやぶさとのリンク合体させることもでき、更に格好良く変身させることも可能。800つばめは、鳥のように空を華麗に舞うシンカリオンロボットです。

 

(参照元:htmk2|Instagram)

 DXS05 シンカリオン N700Aのぞみ

 

(参照元:hydeyan0114|Instagram)

こちらは、2018年4月発売で、東京から博多間を走るN700系のぞみ新幹線のシンカリオンです。N700Aのぞみのシンカリオンには、進化を表す「A」の冠が与えられ、最新、最良、最速のスペックを生かした格闘能力で敵を次々になぎ倒していきます。

基本の三両と、頭部に搭載するヘッドギア、防御になるクルマドメシールド、バックパックブースター、腕に装着することで破壊力が抜群になるアドバンスドアーム&ドラゴンナックルがセットになっており、E5はやぶさと合体リンクさせることで、さらににパワーアップすることも可能。N700Aのぞみは、スペックの高いシンカリオンロボットです。

 DXS04 シンカリオン E3つばさ

 

(参照元:yyau55|Instagram)

2018年4月発売の新幹線E3系つばさのシンカリオンです。白色の車体に紫色やオレンジ色が映えるE3つばさは、忍者シンカリオンと呼ばれており、機動性能が高く、忍術をベースにさまざまな体術で敵をほんろうします。

基本の三両と、頭部に搭載するヘッドギア、武器であるフミキリシュリケンがセットになっており、敵を遠距離から切り裂くことができ、E5はやぶさとリンク合体することも可能。E3はやぶさは、鮮やかな見た目とシュリケンで敵をさばく認者系シンカリオンロボットです。

DXS03 シンカリオン E7かがやき

 

(参照元:gangumania|Instagram)

こちらは、2018年2月発売のE7系かがやき新幹線のシンカリオンです。白色と青色が光輝くE7かがやきは、山間部でも時速200㎞で走行することのできるとてもパワフルなシンカリオンであり、すさまじい力で敵を次々に倒していきます。

基本の三両と、頭部に搭載するヘッドギア、台車をベースにした武器であるシャリンドリルがセットになっており、E5はやぶさとリンク合体させることも可能。E7かがやきは、力強いパワー系のシンカリオンロボットです。

プラレール 新幹線変形ロボ シンカリオン DXS03 シンカリオン E7かがやき(amazon)

DXS02 シンカリオン E6 こまち

 

(参照元:gangumania|Instagram)

2017年12月発売のE6系こまち新幹線のシンカリオンです。赤色と白色の車体を持つE6こまちは、時速320㎞の速さで走る地上スピードNo1のシンカリオン。そのスピードで、障害物の多い場所も、難なく駆け抜けていきます。基本の三両と、頭部に搭載するヘッドギア、腕に取り付ける武器のフミキリガンがセットになっており、高速ながらも正確に敵を射抜くことが可能。E6こまちは、別売りのE5はやぶさとリンク合体させることもできるスピード系シンカリオンです。