私立高校の学費の相場は?補助金制度や無償化制度についても紹介! ( 3 )

高校授業料無償化制度とは

高校生になると、中学生までの義務教育制度ではなくなり、各世帯で高校へ進学する子供の授業料や教科書代などの諸費用を負担する必要があります。国は、2010年から授業料無償化制度を開始し、2014年4月からは新制度として「高等学校等就学支援金制度」となり、私立高校進学希望者にも経済的援助が受けられるようになりました。この新制度によって、低所得世帯や生活保護を受けている家族は、授業料が実質無償となるため、貧困による教育格差の対策として注目されています。

旧制度との違いについて

旧制度の高校授業料無償化制度では、公立高校と私立高校に通う生徒では教育費負担に大きな格差があったことや、低所得者世帯の教育費負担が大きいという課題がありました。そのため新制度では、所得に制限が設けられました。一定の所得がある世帯では授業料を負担する必要がありますが、私立高校に通う生徒には就学支援金の加算が拡充されるなど、家庭の経済状況に関わらず、生徒自身が希望を叶えることができる進路選択が可能になっています。

手続き方法について

手続きに必要な申請書用紙は、入学説明会や入学後に配布されます。申請書用紙を受け取った後は、就学支援金の受給資格を得るために、申請書のほかにも課税証明書やマイナンバーカードの写しなどが必要になります。提出する書類や提出先については都道府県によって異なるため、あらかじめ確認するようにしましょう。

また、受給が開始されるのは原則として申し込みが行われた月から開始となります。提出が遅れそうな場合や遅れてしまった場合などは、各相談窓口へ確認するようにしましょう。

参考
私立高等学校における就学支援金(現行制度及び旧制度)の問合せ先|文部科学省

私立高校受験の準備は早めに対策と情報収集を!

私立高校への受験を考えている場合は、公立高校と比較すると授業料などの必要な資金に大きな違いがあります。子供の将来の進路を考えて、情報収集や対策は早めに行うようにしましょう。また、経済的負担を軽減できる国の奨学金や補助金制度を有効に利用し、子供の希望にあった進路先選びをするようにしましょう。

参考
私立高校授業料シミュレーション 私立高校授業料実質無償化へ|公明党
私立高等学校等生徒学費補助金について|神奈川県ホームページ
公立・私立高校でかかる学費はいくら? [学費・教育費] |All About
知っておきたい! 私立高校の学費や就学支援金のこと【高校受験】|ベネッセ教育情報サイト
高校授業料無償化 最新情報 2019年
高校授業料無償化ってなに? 知っておきたい教育費のこと|貯金美人になれるお金の習慣

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。