子供が耳を痛いと言ったとき・親はどう対処すれば良い?

急に子供が耳が痛いと言い出したら、親御さんはとても心配するでしょう。昼間は元気だったのに夜中になって急に……という経験はよくあることではないでしょうか。受診をするべきかどうかあたふたしてしまうことも少なくありません。

この記事では、子供が急に耳が痛いと言い出したときの対処法や、親御さんにできるホームケアについてご紹介します。日ごろの情報収集の一環としてぜひ参考にしてください。

子供が耳を痛がる!ほとんどの場合は急性中耳炎

子供が急に耳を痛がるときに考えられる病気は、急性中耳炎です。急性中耳炎にはどのような症状が該当するのでしょうか? 治療法や原因も併せて見ていきましょう。

急性中耳炎の症状

急性中耳炎は風邪の合併症状として発症することがほとんどです。鼓膜の内側の部分を「中耳」と呼びますが、この部分に炎症が起きている状態を指します。

  • 耳を痛がる
  • なんとなく機嫌が悪い
  • 耳をよく触る
  • 微熱が続く
  • お腹を痛がる

などの行動や症状が見られるときには、急性中耳炎の疑いがあります。

急性中耳炎の原因

耳痛の原因は、鼓膜の充血や中耳に溜まった膿の圧迫によるものです。

中耳は耳管と呼ばれる管で鼻の部分とつながっています。風邪を引いて鼻水が出ると、子供は無意識に鼻をすすってしまいます。このときに風邪(急性上気道炎)で増殖したウイルスが耳管を通って中耳の部分に入り込み、中耳炎となることがほとんどです。

鼓膜の外側を「外耳」と呼びますが、鼓膜に穴が開いていない限り外耳から感染することはありません。ほとんどの場合は、風邪を引いた状態から中耳炎を引き起こしてしまいます。

急性中耳炎の治療

軽度の中耳炎は自然治癒することが多いため、解熱鎮痛剤をのませるだけの治療だけで済むこともあります。しかし、中耳炎が進行して重度の状態になると耳だれ(膿)が出たりすることがあります。このようなときには抗生物質を処方したり、鼓膜を切開して膿を出すこともあります。

オランダの治療方針「最初の2~3日は経過観察だけ。耳痛や発熱が続くときにだけ抗生剤を投与。その後も症状が続くときには鼓膜切開をおこなう。耳ダレは2週間までは経過をみる」が、世界中で注目されています。
世界中で行われた多くの研究結果から、
~中耳炎の90%は無治療で治る。
~A抗生剤が必用(原文ママ)なのは10%程度。
~B鼓膜切開が必要となるのは1%以下
であることがわかっています。

(引用元:夜中に子供の耳が痛くなったとき|ふかざわ小児科

耳を痛がっている子供を見ていると、何かしなくてはいけないと考えてしまいがちですが、過度な治療で子供の体に負担をかけないという治療方針が一般的です。