2歳児の平均身長・体重・頭囲!子供の成長に必要なものとは? ( 3 )

2歳の子供の身長を伸ばす具体的な方法は?

身長を伸ばすために必要なのが、栄養を摂るための「食事」、成長ホルモンの分泌を促す「睡眠」、食欲と睡眠欲を促し成長ホルモンの分泌も助ける適度な「運動」であることをご説明しました。

続いて、それらの3大原則を踏まえて、2歳児の身長を伸ばすためにやっておきたい具体的な対策についてご説明します。

下記参考に、2歳児の体の成長と心の発達の特徴が書かれていますのでご覧になってください。ただし、下記参考内にもあるように、成長と発達には個人差があります。自分の子ができないから遅れていると考える必要はありません。

参考

2歳の発達 目標と目安|幼児才能開花教育まいとプロジェクト

お母さんと子どものコミュニケーションのために|厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究)

【食育】なぜ?の質問に答えながら食事への興味を誘おう

2歳児は食事を1人でできるようになる年齢です。食事の時間に座っていられるようになります。またスプーン・フォークを自分で使おうとし始め、汚れたら手を1人で拭くこともできるようになります。

しかし、食事への興味がない子の場合は、食事の時間が楽しくないので座りません。また、スプーンなどを使わずに手づかみで、汚れても気にしないという子もまだ多くいる時期でもあります。

そんなときは、絵本や紙芝居、アニメに出てきた食べ物のキャラクターに興味を持たせてみましょう。会話ができる子供の場合はなんでも質問してくるので、食事が楽しくなるような答えを用意しておくのがおすすめです。

個人差がありますが、2歳になると相手の目を見て話すこと、聞くことができる時期でもあるので、保護者の声かけが食事への興味を引くものであるように心がけましょう。

参考

2歳の子供がご飯を食べないときはこの対応を。モリモリ食べるようになるよ!|旦那という生き物。

食に興味がない二歳児、どうしたら食に興味を持ってくれますか?|Yahoo!知恵袋

【眠育】イヤイヤ期の生活リズムは親子で一緒に整えよう

「魔の2歳児」といわれるように、2歳前後になると何をするにも嫌がる時期がきます。第1次反抗期といわれることもありますが、保護者への反抗ではありません。乳幼児期の教育・保育・子育て支援を専門とする、玉川大学大学院教授大豆生田啓友先生は、下記のように述べています。

「自分でやりたい」という自我が育ちながらも、自力ではやり遂げられず、おうちの方に先回りをされてしまう。その葛藤をイヤイヤという形で表現しているのです。脳科学的にとらえれば、この時期の子どもは脳の中で感情をつかさどる前頭前野が未発達なので、気持ちをおさえることが難しい時期。イヤイヤをしながら、どうすれば自分の気持ちをコントロールできるかを学んでいる時期なのです。

(引用元:2歳、3歳、イヤイヤ期の対応は? 保育士も実践する基本の3ステップ|HugKum

発育過程での葛藤から起こるイヤイヤ期の2歳児との接し方で最も大切なことは、子供の気持ちを受け止めることです。そのため、イヤイヤ期の生活リズムは、子供の気持ちに寄り添いながらもできるだけよく食べよく遊ぶ時間がつくれるように整えていきましょう。

寝る子は育つといいます。夜よく眠らせるには、日中体を動かすことや、子供が眠る時間の前から眠る準備を一緒に付き合い絵本を読んで一緒に布団に入るなどのルーティンを徐々につくっていくことが大切です。

参考

健康づくりのための睡眠指針 2014(平成26年3月)|厚生労働省健康局

【体育】アップする運動能力を外遊びで伸ばそう

2歳児の大きな特徴は、運動能力が飛躍的に発達することと、お友達に興味を持ち始めることです。そのため、身長を伸ばすための適度な運動として、天気の良い日に公園などで外遊びをしてみましょう。

子供の発育は個人差があるので、ほかの子ができてうちの子はできない、という比較をしながら外で遊んではいけません。この前できなかったことが今日はできるようになった、というように子供個人の成長に気づいてあげることが肝要です。

親が子供の「やればできる」という自己効力感を育てるための大切なことについて、2015年のベネッセ教育総合研究所によるレポートには次のように書かれています。

子どもが成功体験を積み重ねられるように、日々子どもに寄り添う保護者が配慮したり、小さなことでもほめたり、壁にぶつかったときには励ましたり、信じているのだと伝えたり、任せるべき場面では任せて「決定経験」を積み重ねたりすることで子どもの自己効力感を育てていく、保護者側の意識も大切であろう。

(引用元:小中学生の学びに関する調査報告書(2015)研究レポート5 自己効力感が高い小・中学生はどのような子どもか|ベネッセ教育総合研究所

つまり、親の寄り添い方次第で、子供の自己効力感を育て、やればできると自分を信じる心が育ちます。ぜひ子供が外遊びをする際は、子供のできることが1つ1つ増えるように寄り添い見守ってください。

参考

2歳児の外遊びはどんな遊びがいい?子どもが夢中になるおもちゃと遊びの工夫|KIDSNA