そろばんの1級には2種類ある!問題や難易度、メリットについて

そろばん1級に小学生が合格したと聞くと、「すごい!」と思いつつ、「1級ってどのくらいのレベル感なのかな?」と考えたりはしないでしょうか。小さいころからそろばんを習っている子供には、十分現実的な目標となり得るそろばん1級。本記事では、資格の種類や問題について解説します。

そろばんの1級には2種類ある

「そろばん1級」と一言で言ってしまいがちですが、現在日本には2種類の「1級」があります。これは通っている教室が所属している団体によっても変わります。どのような違いがあるのか解説します。

日本珠算連盟の1級

1つ目は「日本珠算連盟」の1級です。こちらは、正確には日本商工会議所の「日商珠算能力検定試験」なのですが、この試験の実施を日本珠算連盟が全面的に委託されているため、本記事では便宜的に日本珠算連盟の1級と呼びます。

ちなみに、日商珠算能力検定試験は1〜6級まであります。これに加えて、日本珠算連盟独自の級として、準1・2・3級と7〜10級があります。

参考

珠算能力検定試験|日本珠算連盟

全国珠算教育連盟の1級

もう1つが、「全国珠算教育連盟」の1級です。こちらは日本商工会議所との関係性はなく、独自に作られた試験となります。

全国珠算教育連盟の試験は、かなり細かく級が分かれているのが特徴の1つです。そろばんの級数は1~15級まであり、その上には段位(準初段〜10段)があります。

参考

検定試験|公益社団法人全国珠算教育連盟

どんな問題が出るの?

全国珠算教育連盟の問題は公開されていませんが、日本珠算連盟は見本問題が公開されています。日本珠算連盟の方が難易度が高いという意見もありますので、日本珠算連盟の問題を見てみましょう。

日本珠算連盟の珠算能力検定の問題

1級試験 四則計算 内容 得点 試験時間 合格基準
みとり算(10題) 10口 100字 100点 30分 300点満点で

240点以上

かけ算(20題) 実法合わせて11けた 100点
わり算(20題) 法商合わせて10けた 100点

(出典:珠算能力検定試験|日本珠算連盟 より筆者作成)

問題と点数配分は上記のとおりとなっています。みとり算は10桁・10行の足し算・引き算となっています。

みとり算については、実際の見本問題は以下のサイトで見ることができます。また、1級の試験ではありませんが、かけ算・わり算は段位認定試験の見本問題を見ることができるので、試験の雰囲気を把握するのには役に立つでしょう。

参考

検定試験問題見本|日本珠算連盟

日本珠算連盟の暗算検定の問題

1級試験 四則計算 内容 得点 試験時間 合格基準
みとり算(20題) 3けた10口30字 500点 12分 500点満点で

400点以上

かけ算(30題) 実法合わせて5けた
わり算(30題) 法商合わせて5けた

(出典:暗算能力検定試験|日本珠算連盟より筆者作成)

そろばんそのものの試験ではありませんが、そろばんの能力を生かした暗算能力検定試験もあります。こちらはより試験時間が短くなっています。こちらの試験問題見本も、上記でご紹介した日本珠算連盟のページより見ることができます。