ハロウィンが楽しくなるおすすめの手遊びを紹介!親子でやってみよう

保育園や幼稚園などでハロウィンのイベントを楽しむ子供は多いことでしょう。ハロウィンは、もともとケルト人が行っていた祝祭ですが、最近ではすっかり日本の季節の行事として定着してきました。そんなハロウィンを自宅で楽しみたいと考えている保護者の方もいらしゃるのではないでしょうか。今回は、自宅で過ごすハロウィンがより楽しくなる手遊びを紹介します。ぜひ、子供と一緒に試してみてください。

ハロウィンにおすすめの手遊び

それでは、ハロウィンにおすすめの人気の手遊び歌を紹介していきます。

いっぴきおばけ

『いっぴきおばけ』は、ハロウィンの手遊び歌の定番です。歌に合わせて手足を揺らし、おばけに見立てましょう。右手、左手、右足、左足、さらには頭も降ることでおばけの数は5匹に増えます。歌の最後は子供と一緒に「わあ!」と叫びましょう。

参考
ハロウィンの手遊び「いっぴきおばけ」歌詞付 Japanese hand games!|YouTube

おばけなんてないさ

保育園や幼稚園で広く歌われている童謡『おばけなんてないさ』も、ハロウィンにぴったりです。おばけなんか怖くないと虚勢を張りながらも、本当は少し怖がってしまうという子供らしい気持ちを歌っています。歌詞の内容に合わせた振り付けで踊りましょう。

参考
【♪うた】おばけなんてないさ〈振り付き〉ハロウィンの歌【こどものうた・童謡・唱歌】Japanese Children’s Song / Halloween song|YouTube

グーチョキパーでなにつくろう

子供の手遊び歌の定番『グーチョキパーでなにつくろう』のハロウィンバージョンです。こうもり、カボチャ、おばけ、ドラキュラなど、ハロウィンにちなんだ形を両手で作ります。

参考
ハロウィン手遊び歌 グーチョキパーでなにつくろう アレンジ|YouTube

こちらは同じく『グーチョキパーでなにつくろう』の別バージョン。登場するのはカボチャ、くろねこ、おばけです。

参考
ちこお姉さんの手遊び「ハロウィン・グーチョキパーで何作ろう」|YouTube

まほうの手

『まほうの手』は、まほうの力で両手がくっついてしまうという手遊び歌です。くっついた両手で魚やメガネ、天狗などの形を作って遊びましょう。

参考
ハロウィンの手遊び「まほうの手」歌詞付 Japanese hand games!|YouTube

林の中から

おばけなどが登場するわらべうた『林の中から』もハロウィンの時期におすすめです。2人一組になって行うので、親子でやってみると楽しいでしょう。

参考
ハロウィンの手遊び「林の中から」歌詞付 Japanese hand games!|YouTube

おばけがやってきた!

『おばけがやってきた!』も、おばけが登場する手遊び歌です。ちっちゃなおばけ、おっきなおばけ、へんてこおばけを両手で表現します。とても簡単なので、小さな子供にもおすすめです。

参考
【おばけがやってきた!】手あそび 親子で一緒に♪ 保育園でも使える♪|YouTube