東海で紅葉狩りを満喫!おすすめスポット13選やお土産スイーツを紹介

秋を楽しむための年中行事といえば「紅葉狩り」。東海地方でおすすめのスポット13選と、食欲の秋に食べたくなる東海の定番スイーツをご紹介します。

東海の紅葉狩りおすすめスポット13選

香嵐渓

愛知県豊田市の紅葉スポット。1634年ごろ、香積寺の住職が湖周辺にスギやモミジを植えたのを起源としています。さらに大正末期から昭和初期にかけて、住民たちがボランティアで紅葉の大植樹を行いました。11種類、約4,000本のカエデが植えられているそうです。「香嵐渓もみじまつり」では、21時ごろまでライトアップされています。

参考

香嵐渓|豊田市足助観光協会

岡崎市東公園

公園内には3つの大きな池があります。1,500本のイロハカエデが栽培されています。足延池や浮御堂、ひょうたん池の神月橋辺りの風景は格別です。さらに動物園では、ゾウやラマ、ミーアキャットなどを無料で見ることもできます。紅葉の見ごろは11月中旬~12月中旬です。

参考

岡崎市東公園動物園 | 岡崎市ホームページ

松平郷

徳川家の歴史を支えた松平氏の栄えた土地。松平郷東照宮や園地、休憩所「天下茶屋」などで癒やされながら紅葉を満喫できます。名鉄豊田線豊田市駅からバスで約40分、もしくは車で豊田松平ICから15分ほどでアクセスできます。

参考

ホーム|松平郷

伊勢神宮内宮神苑

三重県伊勢市にある伊勢神宮。皇大神宮は「内宮」とも呼ばれます。そこを流れる五十鈴川沿いに広がる紅葉が水面にも映って、風情ある風景となっています。毎年11月下旬から12月上旬が見ごろで、赤や橙などの色彩を楽しめます。アクセスは、JR・近畿日本鉄道伊勢市駅からバスで約15分、「内宮前」から徒歩5分です。または、車で伊勢市自動車道で名古屋から約1時間40分。

参考

ホーム|伊勢神宮

名古屋市東山動植物園

植物園には、およそ7,000種類の植物が展示されています。ほかの紅葉スポットと異なり、1ヶ月以上にわたって紅葉を楽しめます。11月上旬から色づき始め、中旬には本格的に紅葉がスタート。魅力的な光景に目を奪われるでしょう。逆さ紅葉も見られる大規模なスポットです。植物園内の日本庭園「也有園(やゆうえん)」からの園路沿いには、約60種類200本の紅葉が連なっています。

参考

ホーム|東山動植物園