『バッテリー』の読書感想文を書くときに役に立つポイントとあらすじ

累計発行部数1,000万部を超える人気青春文学『バッテリー』は、あさのあつこさんの代表作です。小学校高学年や中学校の課題図書として、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。今回の記事では、不朽の名作『バッテリー』の読書感想文を書くときのポイントをご紹介します。あらすじや小学生4年生が書いた読書感想文も参考に取り上げていますので、ぜひ参考にしてください。

『バッテリー』のあらすじ

舞台は、広島県と岡山県の県境にある新田市という地方都市。そこで、4月から中学1年生になる原田巧と永倉豪が出会い、バッテリーを組みます。2人の成長を軸に物語は進んでいきます。

主人公の原田巧について

主人公の原田巧は、自他ともに認める天才ピッチャーです。その実力は、全国少年野球地区予選で活躍したていることからもよく分かります。原田巧は、生まれ持った才能だけで野球をしているのではなく、新しい街に引っ越したその日にも、修学旅行の日にもランニングを欠かさない努力家の一面も。しかし、プライドが高く自信過剰なため、周囲と衝突することもたびたびありました。

そんな巧には、野球に無関心な両親と、体の弱い3つ年下の弟、青波がいます。母親は、体の弱い青波のことを心配して、巧が野球をやる事にはあまり積極的ではありません。また、父親は巧のポジションが分からないほどの野球音痴です。しかし、弟の青波は兄のように野球をしたいと思っており、巧も青波の真剣な想いを認めています。さらに、祖父は地元の新田高校野球部を10回甲子園に出場させた名将です。

引っ越しと永倉豪との出会い

そんな原田巧は、引っ越した先で永倉と出会います。豪は、巧の投球に惚れこんでおり、巧とバッテリーを組むことになります。巧にとっては、自分の全力投球をキャッチすることができるキャッチャーとの出会となりました。

永倉豪は、明るく真っすぐな性格の持ち主。病院の一人息子であることから、無理矢理塾に通わされており、両親は野球をすることに積極的ではありません。春になり、中学生になった巧と豪は、新田東中学校の野球部に入部します。

成長

中学入学後、自信過剰な態度で自分を通そうとする巧をうとましく思う野球部の先輩に目をつけられ、巧はいじめを受けるようになります。そして、部室で複数の先輩にリンチを受け、それが表沙汰になり、野球部は謹慎処分を受けてしまいました。

その後、強豪校との練習試合が決まります。その練習試合で全国区のバッターに対して、巧は全力投球をしません。それは、過去に自分の投げた球をキャッチャーがエラーして振り逃げされたトラウマがあるからです。それに怒った豪は、巧と衝突。純粋で未熟な少年たちが、周りを取り巻く大人たちの事情に翻弄されながら成長していき、バッテリー、チームとなっていく姿が描かれています。

参考

バッテリー/あさのあつこのあらすじと読書感想文|ミニシアター通信

バッテリー:読書感想文の書き方と例文(内容あらすじあり)|トレンドジャンプ!

バッテリーの読書感想文例

下呂市教育研究所が発表した、「小中学校読書感想文指導研究会 2014年度優秀作品」である読書感想文を参考に、真似したくなるポイントを例文を交えて解説していきます。

読書感想文の紹介

小学4年生が書いた読書感想文の優秀作品を見ると、大きく4つの構成に分かれています。1つ目は、本に興味を持ったきっかけで、自身も野球をしていることから興味を持ったと書いています。2つ目は、野球をしているからこそ分かる、試合に勝ちたいという気持ちや、巧の強気な性格について触れています。『バッテリー』全体を通して一番心に残ったことを書き、最後に『バッテリー』を読んでこれからどうしていきたいのかを宣言し、締めくくっています。

全体の文字数は、1,100文字程度で、200文字詰めの原稿用紙で5枚半、400字詰めの原稿用紙で約3枚でした。登場人物と同じく野球をしているということから、自分の経験と照らし合わせることで説得力を持たせた感想文になっています。

真似したくなるポイント解説

今回参考にした読書感想文で真似したくなるポイントはいくつかありますが、ここでは2つのポイントに絞って紹介しましょう。

1つ目は、書き出しの部分です。『バッテリー』という題名を聞いたときに、それが何を表すものなのか、野球経験者でなければピンとこないことも多いでしょう。野球経験者でない読者にも分かりやすくするために、「バッテリー」という言葉の意味を書く一文から感想文は始まっています。

「バッテリー」は、ピッチャーとキャッチャーを表す野球の言葉です。

(引用元:小中学校読書感想文指導研究会 2014年度優秀作品|下呂市教育研究所

2つ目は、物語の登場人物に「共感」を示していることです。

ぼくも毎日すぶりをしたり、おじいちゃんとキャッチボールをしたりして、上手くなるための努力をしているので同じだなと思いました。

ぼくは、ピッチャーには、こういう気持ちが必要だと思ったし、その気持ちをうけ入れてくれるキャッチャーもすごいと思いました。

(引用元:小中学校読書感想文指導研究会 2014年度優秀作品|下呂市教育研究所

共感を示すことで、より深く物語に入り込んだことを示し、自分の意見や考えを明確にすることができます。その結果、オリジナリティのある読書感想文を書くことができます。