DCモーター扇風機で快適に過ごそう!赤ちゃんがいる家庭におすすめな理由も ( 2 )

DCモーターを扇風機に搭載する3つのメリット

DCモーターを扇風機に搭載するメリットは次の3つです。

電気代が安い

電気料金は、消費電力の大きさに比例して発生します。DCモーターは構造上、動力を生み出す瞬間だけ電気を流すため、ずっと電力が流れ続けているACモーターに比べると消費電力が少なく、電気代が安くなるのです。

具体的にパナソニック社のDCモーター扇風機とACモーター扇風機の消費電力から1時間あたりの電気料金を求めてみましょう。

【パナソニック社の扇風機のモーター別1時間あたり電気料金】

F-CS338 F-CS324
モーター DC AC
消費電力 19W 38W
消費電力量 0.019kWh 0.038kWh
1kWhあたりの従量電気料金 19.52円/kWh 19.52円/kWh
1時間あたりの電気料金 0.37円/時間 0.74円/時間
24時間1年間(365日)回し続けた場合 約3,249円 約6,498円

1kWh(キロワットアワー)あたりの電気料金はいくら?|SelectraF-CS324 のスペック・仕様・特長|価格.comF-CS338 のスペック・仕様・特長|価格.comより筆者作成)

このように、同じ製造元の扇風機であってもDCモーターは明らかに電気代が安くなることが分かります。

優しい風当たり

DCモーター扇風機は低電力でも回転が安定しているため、ACモーター扇風機の弱では実現できないそよ風を作り出すことができます。TBSテレビ「マツコの知らない世界」に出演した人気の家電ライター・藤山哲人さんの運営する家電実験サイト「家電Watch」において、具体的なDCモーター扇風機のそよ風の実験が載っていますので、ぜひご覧ください。

参考

第14回:高級なDCモーター扇風機と、安いACモーター扇風機の違いは何?|家電Watch

音が静か

扇風機を動かすと聞こえる稼働音は、モーターの運転音と羽根の風切り音です。モーターの回転数を上げて風量を強くすれば涼しさを得られますが、モーターの運転音と羽根の風切り音が耳に残ります。そのため、特に就寝中に扇風機を使用する際は騒音が気になります。

しかし、DCモーターはACモーターでは作り出せない微細な送風を実現でき、風量を強くしなくても十分涼しさを感じることができます。よって、静かにしたい就寝中に扇風機を使用しても、モーターの運転音や羽根の風切り音がうるさく感じることがありません。