成績が上がる!テスト勉強用ノートの作り方を紹介します

子供が一生懸命勉強しているのに成績が上がらないと感じていませんか。実は多くの人が知らず知らずのうちに間違った勉強法を実践してしまっています。「テスト勉強をしているのになんで点数を取れないのだろう」という場合は、子供の勉強方法が間違っている可能性があります。

当記事ではテスト勉強用のノートの作り方にフォーカスし、成績アップにつながる勉強方法を紹介します。間違ったノートの作り方や、テスト勉強用ノートを作るときのポイントも併せてまとめましたので、記事を参考に実践してみましょう。

テスト勉強用ノートを作る目的

ベネッセ教育総合研究所の調査によると、成績上位者ほど学習時間が長いデータが示されているものの、学習時間が短くても成績の良い子供が一定数いることが明らかになっています。今まではとにかく長時間勉強すれば成績が上がるという考え方が重視されてきましたが、勉強できる時間や量にも限界がありますので、勉強の質を改善していき、成績向上につなげることが重要だといえるでしょう。

参考

小中学生の学びに関する 実態調査|ベネッセ教育総合研究所,p5

勉強の質を改善する方法の1つとして、当記事ではテスト勉強用ノートを作ることをおすすめします。その目的や理由は以下の2つです。

自分の理解をより深める

テスト勉強用ノートを作る目的1つ目は、自分の理解をより深めるということです。学校のテストは基本的に授業で使っている教科書や参考書、配布されたプリントから出題されます。学校の授業はそれらの内容を教師がまとめて生徒に分かりやすく説明しているのです。基本的には、授業内容をしっかり理解できていれば点数は取れます。

しかし、ただ授業内容をノートに書き写すだけでは内容を理解することはできません。また、授業をしっかり聞いていてもどれくらい自分で理解しているのか確認することができません。

自分の理解度を確認したり、より分かりやすく授業内容を理解するためにテスト勉強用ノートを作るのです。

反復することで忘れないようにする

テスト勉強用ノートを作る目的2つ目は、反復することで忘れないようにすることです。テスト勉強用ノートを作ると、もう一度授業内容を見返すことになります。さらに自分で書いて覚えるということは読んで覚えるより何倍も効果がありますし、自分でまとめることでより知識が子供の頭の中に定着します。ノートを作ったら何回も見直しましょう。見直したときに少しでも疑問点が出たら、追加で調べたり書き込んだりすることでより知識を深めることができます。

授業中に小テストや実践的な問題を解いたりすることが多い場合は反復用ノートを作るのもいいでしょう。間違えた問題をノートにまとめることで自分の弱点を知ることができます。なぜ間違えたのか理解できるまで反復していきましょう。

テスト勉強用のノートを作るときのポイント

マーカーを使いすぎない

テスト勉強用のノートを作るときのポイント1つ目は、マーカーを使いすぎないことです。これは教科書に書き込む場合も同じですが、マーカーを使うとそれだけで勉強した気になってしまい、本質を理解しないまま終わってしまいがちです。重要なのはしっかり内容を理解することですから、マーカーは使いすぎないようにしましょう。

人に教えるつもりでまとめる

テスト勉強用のノートを作るときのポイント2つ目は、人に教えるつもりでまとめることです。人に教えようとすると自分がどれだけ理解しているのか確認することができます。少しでも疑問に思うようなところがあれば教科書や参考書をもう一度読み返し確認しましょう。