子供の日焼けはリスク大?正しい対処法とおすすめアイテムを紹介

ここ数年で大きなリスクが潜んでいると、注目を集めているのが子供の日焼けです。子供を外で遊ばせることには良い面もありますが、肌に対する刺激という観点ではデメリットが多いという指摘がなされています。この記事では、子供の日焼けのリスクや正しい対処法、おすすめのアイテムといった情報を分かりやすく解説します。

子供の日焼けに潜むリスクとは

小さい子供のいる家庭で理解しておきたいのが、子供の日焼けに潜むリスクです。日焼けは紫外線による影響で生じるというメカニズムは知られていますが、子供の肌へのリスクには次のようなものがあることはあまり知られていません。

  • しわやしみなどの皮膚の老化を早めてしまう
  • 皮膚ガンにかかる可能性が高くなる
  • 白内障や翼状片などの目の病気にかかりやすくなる

小さいうちは外で遊ばせることも重要ですが、このようなリスクが潜んでいることを理解しておくことで、子供の健康維持に役立てられるはずです。

シーン別に解説!正しい日焼け対策

ここからはシーン別に、子供の正しい日焼け対策を解説します。外で遊んでいる時間以外にも、子供が紫外線にさらされる時間は多くあります。海やプールで遊んでいる場合や、移動している場合など、そのシーンごとに適切な対策を準備しておくことをおすすめします。

海やプールでの日焼け対策

海やプールなどで子供を遊ばせる場合には、長袖を着せ、長時間日光にさらさないように心がけることが重要です。大人になれば自分で日焼け止めを塗ることもできますが、肌が敏感な子供の日焼けには、長袖を着せておくことが最も簡単な対策です。水に入っている時間が長く、暑さを感じにくいシーンでもあるため、子供の肌の状態を注意深く観察することも、親がしてあげられる正しい対策といえるでしょう。

外で遊んでいるときの日焼け対策

外で遊んでいるときには、子供の肌を気遣った日焼け止めを使用することをおすすめします。外で遊んでいるときは海やプールとは違い、すぐに体が温まってしまうため、長袖を着ること自体を嫌がってしまい、あまり効果的な対策とはなりません。

その反面、水に日焼け止めが流れてしまう心配がないため、子供の肌にダメージを与えないものを選ぶという条件付きで、積極的に活用していくことが正しい対策となります。

自転車などで移動しているときの日焼け対策

自転車などで移動しているときの対策は、UVカット加工されているブランケットやポンチョを用いるのが正しい対策です。季節によって子供の感じ方はまちまちですが、暑がらない範囲で、紫外線を防げるアイテムを用いましょう。

また、頭部の紫外線対策には帽子を用いるのが一般的です。デザインを気にしだす年齢になる前の段階までは、首まわりの紫外線カットにも有効なハットタイプの帽子が効果を発揮してくれます。