子供との接し方にはポイントがある!自然と心を通わせるコツを紹介

子供の成長に大きな変化を与えるとされているのが大人の接し方です。子供の成長のきっかけとなるさまざまな経験も、親をはじめとした大人の接し方1つでその生かされ方が大きく変化するとされています。この記事では、子供との接し方がイマイチ分からないという方のために、自然と心を通わせるコツをご紹介します。

親との接し方で子供の成長も変化する?

イマイチ子供との接し方が分からない親御さんに、第一に理解していただきたいのが親の接し方で子供の成長が変化することです。具体的な接し方のポイントは後ほどご紹介しますが、小さな言葉がけ1つで、積極的に育ったり、消極的に育ったりと、その個性が変化するといわれています。そして、子供が親の言葉を聞き入れる状態にするためには、子供に好かれる条件を満たしておくことが重要なポイントとなります。

子供に好かれる人と子供に嫌われる人の違い

自分の子供をハツラツとした積極的な性格に育てたいという親御さんは、子供に好かれる人になることがなによりも重要です。ここからは、子供に好かれる人と子供に嫌われる人の違いを分かりやすく解説します。子供に好かれる条件を満たすことで、子供の成長のきっかけとなるさまざまな経験をプラスに変えていくことができるでしょう。

子供と同じ目線で話せるかどうか

子供に好かれる人と子供に嫌われる人の1つ目の違いが、子供と同じ目線で話せるかどうかです。相手が子供であることは事実ですが、1人の人間として真面目に向き合うことが重要です。子供の目線に合わせてあげることも大切ですが、変に子供扱いせずに真剣に話を聞いてあげるといった意識を持ちましょう。

笑顔でいられるかどうか

子供の年齢にもよりますが、基本的に常に笑顔でいる人が好かれる傾向にあります。仮に大人であっても、いつも深刻な顔をしている人と、常に笑顔でいる人とでは、話しやすさに違いがあるでしょう。まして、子供は「表情に出にくい人」といった理解をすることはできないため、いつも笑顔でいることが分かりやすく話しやすい人と認識される第一歩となるようです。

一緒に遊んでくれるかどうか

子供に必要な知識を与えたいと考える親も、一緒に遊んであげるという気遣いは必要です。特に小さいころは一緒に遊んでくれるかどうかが、そのまま信頼関係に直結するといわれています。常に子供と一緒になって遊んでくれる人には自然になつくため、真面目な話をする際にも聞く耳を持つようになるでしょう。

子供と自然に接するための2つのポイント

子供と自然に接するための2つポイントを解説します。子供に好かれるためには、子供と同じ目線で話せるかどうかなどの条件がありますが、自然にコミュニケーションをとるためには、安心感を与えることが大切です。

ここからは、「目と目を合わせてコミュニケーションを行うこと」「表情と感情を一致させること」の2つのポイントを解説します。

目と目を合わせてコミュニケーションを行うこと

子供と自然なコミュニケーションをとる際の1つ目のポイントが、目と目を合わせてコミュニケーションを行うことです。特に幼い子供はスキンシップやアイコンタクトから安心感を得て、大人との信頼関係を構築するといわれています。仮に「よくできたね」という褒める表現を使っていたとしても、目を合わせていなければ、子供は正確に理解することができないわけです。

表情と感情を一致させること

表情と感情を一致させることも、子供とのコミュニケーションを自然に行う大きなポイントといえます。先ほども触れたように子供は笑顔でいる大人に心を開く傾向にありますが、無表情も不安に感じる要素になるという点には注意が必要です。

真面目な話をするシチュエーションと、子供と遊んだり褒めたりするシチュエーションとでは、使う言葉を変えるだけでなく、その言葉に一致するような表情を用いることが大切です。