赤ちゃんの頃から行う効果的な教育は?

赤ちゃんのころから行う効果的な教育は?

「0歳のときから英才教育なんて意味があるの?」と疑問に思う親の気持ちは分かります。ですが、赤ちゃんだから何も分からないと思ってはいけません! 実は0歳児は意外にお利口さん。五感や体から得る情報から、周りで起きている出来事を、大人が思う以上に理解しているといわれています。

赤ちゃんのときから教育をした方がいい理由とはどんなことでしょうか。また、赤ちゃんの英語教育や手遊び、ふれあい遊びを通じて行う教育についてご紹介します。

赤ちゃんの時から教育をする理由

赤ちゃんの時から教育をする理由
赤ちゃんの脳は未発達なので、自分の力で能力を伸ばしていくことはできません。親が赤ちゃんの脳に働きかけることで、可能性を伸ばしてあげることが大切です。お金がかかりそう……と不安に思う親もいるかと思いますが、実際はそんなにお金をかけなくても赤ちゃんの教育はできます。まずは乳児期から教育をする理由について、説明していきます。

赤ちゃんの頃教えた言葉は頭に残りやすい

人間の脳の成長は、3歳までに大人の80%まで成長します。12歳でピークに達し、その後は低下の一途をたどるといわれています。さらに瞬間暗記、空間認識、感性などをつかさどる右脳の発達は0歳から3歳までが優位で、3歳以降は言語、計算、分析などの論理的な思考をする左脳の発達が優位になります。つまり、記憶や認識という能力においては、赤ちゃんの時期に伸ばしてあげることが大切ということです。赤ちゃんの頃に覚えた言葉は、頭に残りやすいので、適切な時期に適切な教育を赤ちゃんの右脳に働きかけることが、早期教育の重要なポイントになります。

物事を吸収する力が高い

前述の通り、人間の脳は0歳から3歳までの成長が著しく、吸収力、柔軟性、容量すべてにおいてピークだと考えられています。つまり、この時期は物事を吸収する力が最も高いため、赤ちゃんから脳に良質な刺激を与えてあげることで、子供の持つ能力を最大限に引き出してあげることが可能になります。早期教育の研究はどんどん進んでいて、赤ちゃんの教育についても、年々社会に浸透されつつあります。子供の可能性を広げてあげる意味でも、早期教育について検討されることをおすすめします。

親の言葉などでコミュニケーションを高められる

赤ちゃんの世界のほとんどは親に委ねられています。逆にいえば、聞き慣れた親の言葉だからこそ、誰の言葉よりもスピーディに理解できるといえますよ。赤ちゃんは、言葉の意味こそ理解できなくても、話す言葉やリズム、擬音語などをじっくり聞いて、理解しようと集中しています。毎日親子でコミュニケーションをしっかりとって、その能力を高めてあげましょう。