保育園の夏祭りは、どんな催し物がある?子供が喜ぶ遊びとは

保育園には年間を通してさまざまなイベントがありますが、中でも夏祭りは子供が一番楽しみにしている行事の一つといえるでしょう。保育園の夏祭りといえば、どのような催しが人気なのでしょうか。今回は保育園の夏祭りの目的や、子供が喜ぶ夏祭りの催しについてご紹介します。

保育園の夏祭りについて

夏祭りは多くの地域で開催される日本の伝統行事の一つです。都市部で暮らしている子供にとっては、近所のお祭りに参加することで地域社会とのつながりを持つという意味合いもあるでしょう。日本の夏祭り文化を学ぶためにも、保育園の夏祭りは重要な意味を持っています。ここでは、保育園での夏祭りの目的や、保護者がどの程度、どのように参加しているのかご紹介します。

夏祭りの目的

そもそも、保育園で夏祭りを開くことは、子供に祭りの楽しさを知ってもらうという目的があります。また、親や友人・保育園の職員・地域の子供たちと一緒に過ごすことで、地域内の親睦を深めることができます。盆踊りやゲームなどは子供だけでなく大人も楽しむことができ、夏祭り当日はもちろん、準備に携わるとクラスを超えた保護者同士のつながりを持つことができます。

保護者も参加する?

保育園の夏祭りは、園の規模や方針によって条件は異なりますが、保護者も一緒に参加して夏祭りを楽しむというところが多く見られます。具体的には、クラスごとに保護者が一緒に看板を作ったり、当日の屋台では保護者が食べ物を販売するといったことが挙げられます。また、夏祭りの定番でもある盆踊りは全員参加であることが多く、保護者も子供も一緒になって夏祭りを盛り上げていきます。

保護者が参加しない方針の場合は、園内のスタッフと子供によって準備が進められ、後日写真などで開催を報告する園もあるようです。また、夏祭り自体がないという園も地域によってはあるといいます。