おすすめのそうめん10選!比較ポイントと選び方も一緒に紹介 ( 3 )

おいしいそうめんを選ぶ上でのポイント

のどごしが良くおいしいそうめんを食べたいなら、買う前にそうめんを比較するポイントを知り、じっくり考えて選ぶことが肝心です。

色を比較する

そうめんというと真っ白な色になっているのが一般的ですが、じっくり凝視すると真っ白な麺と少し黄色味を帯びた白の麺に分かれていることが分かります。この麺の色の違いは、使っている小麦粉の種類です。

前者の真っ白な麺の原材料は、主に薄力粉または中力粉がメインです。そして、後者の黄色味を帯びた麺は、中力粉から準強力粉が原材料。これらの小麦粉の種類の違いは、グルテンの量の違いで、薄力粉に比べて中力粉や強力粉はグルテン量が多くなっています。

そうめんに強めのコシを好むなら、白に黄色味がかかった、グルテンが多めの麺を用意することをおすすめします。

製造年月日をチェックする

そうめんを選ぶ時には製造年月日もチェックすることが大事。製造月が秋や冬だと塩分が少ないので、引き締まった作りとなっており、コシも強めです。食べ応えがあり、しっかり食べたいという方にはおすすめです。

まとめ

全国には、製法にこだわったそうめんが多数あり、なかには原材料の小麦粉に斬新なものを加えた新しいタイプのそうめんを製造し、消費者の心を引き寄せる工夫を凝らしているケースもあります。

また、健康志向や食物アレルギーのことを考えたそうめんもラインアップされているので、チェックしておくといいでしょう。加えて、そうめんにも使っている小麦粉の種類や製造の季節によってコシの強弱に違いが生じているので、そうめんを使う前に知っておくと便利です。

最後にそうめんの製法過程を把握した上で、お好みのそうめんを選ぶことをおすすめします。

参考

そうめんの歴史|そうめん秘話|株式会社やぎ
揖保乃糸の歴史|【揖保乃糸ホームページ】兵庫県手延素麺協同組合
島原手延そうめん 日本の伝統を食す|南島原市公式
手延べそうめん|小豆島|小豆島|香川県観光協会公式サイト うどん県旅ネット
通信販売でお買い物|砺波の特産品|一般社団法人 砺波市観光協会
やわらかしゃきしゃきの卵めん|吉田製麺
試食レポート 吉田製麺の卵めん、卵うどん|NTS FOOD STORE
三輪そうめんの歴史|奈良県三輪素麺工業協同組合
そうめんの選び方|田靡製麺オンラインショップ

この記事をかいた人

オダルミコ

オダルミコ

都内在住のライター。子育て・教育・ライフスタイル・働き方を中心に心をこめて執筆をしています。ライティングを通して、知識が増え、視野が広がることに生きがいを感じています。プライベートではティーンエイジャーの娘と息子の母です。