田舎と都会の子育ての違いとは?メリット・デメリットを徹底比較 ( 2 )

田舎暮らしが向いている人の特徴

ここからは田舎での子育てが向いている人の特徴についてご紹介します。ここに書かれていることに共感できる人は、田舎での子育てが向いているかもしれません。

のんびりとした生活を送りたい

便利さはそれほど求めず、とにかくのんびりとした時間の中で生活したいという人は田舎暮らしがおすすめです。豊かな自然、ゆっくりとした時間の流れは、心にゆとりを持たせてくれます。

同じ田舎でも郊外と山の中ではのんびり加減がまったく違うので、自分たちが求めるのんびりさのある土地を探してみても良いかもしれません。

自家用車を持ちたい

田舎は地価が安いため、比較的低コストで車を持つことができます。都会だと駐車場代が高かったり、電車移動がメインで車は必要なかったりするので、田舎に比べて自家用車を持つことへのハードルが高くなっています。

休日は家族で気軽にドライブしたい、一度は自分の車を持ってみたいという人は、田舎に住んで自家用車のある生活を送るのも良いでしょう。

慣れ親しんだ土地で暮らしたい

幼いころから過ごした土地でそのまま暮らしたいという人もいるでしょう。昔から知っている景色、街並みには安心感があります。

都会に対する憧れがなく、もともと住んでいた地域に不便さを感じていなければ、そのままその地域で生活するという選択肢もあります。

都会暮らしが向いている人の特徴


続いて都会での子育てが向いている人の特徴についてご紹介します。現在都会に住んでいる人も、今は田舎に住んでいるけれど将来的に都会への引っ越しを検討している人も、自分が当てはまるかどうか確認してみましょう。

便利な生活を送りたい

都会で暮らすメリットといえば、なんと言っても「なんでも揃っている」ことでしょう。少し歩けばコンビニがありますし、電車に乗ればすぐにショッピングができます。

田舎では、少し買い物に行くにも車に乗らないとお店がない、そもそも好きなブランドのお店がないという状況は往々にしてあります。そのような暮らしに耐えられそうにない人は、便利な都会暮らしの方が合っているのかもしれません。

子供に多くの選択肢を与えたい

都会には、良くも悪くも刺激がいっぱいあります。自分の子供にさまざまな経験をさせたい場合、田舎は選択肢が少ないですが、都会ならばその候補がたくさんあります。

子供のころから広い世界を感じ、無限に広がる自分の人生について考えながら成長して欲しい場合は、田舎より選択肢の多い都会の方が合っていると言えます。

日本の中心で生活したい

都会はお金も時間も流れが速く、日々無数のビジネスが行われています。特に東京は、日本経済の中心とも言えるでしょう。

仕事でも趣味でも、周囲に取り残されず常に中心部で大きく活動したい、子供にも活動して欲しいと思う人は、東京や大阪など、日本の中心とも言える都市部で生活を送った方が、成長する機会も多くなるため良いでしょう。

まとめ

田舎暮らしと都会暮らし、どちらの暮らしにも一長一短あります。ストレスを感じやすい子供には田舎でののんびりした暮らし、新しいもの好きな子供には物にあふれた都会での暮らしなど、我が子に合った住環境を整えてあげることが大切です。

周囲の人の意見を聞きつつ我が子の様子も観察して、より良いライフスタイルが実現できるよう、今一度家族の住環境について考えてみてはいかがでしょうか。

参考
田舎vs都会!子育てをするならどっち?それぞれのメリットとデメリット|たまGoo!
子育ては都会と田舎どちらを選ぶ? それぞれのメリット、デメリット|LIMO
「地方」と「都会」って結局どっちが暮らしやすいの?佐賀に10日間移住して比べてみた|SPOT
田舎暮らしと都会暮らしを両方経験した僕が、それぞれのメリット・デメリットをあげてみる|すっきり
若者はど田舎ではなく、都会、地方都市に住むべきだと改めて感じた。田舎は格安賃貸を活かした第二拠点にすべき!!|元ニートがゆるく海外移住した結果

この記事をかいた人

笠巻 昇太