バドミントンはマイナー?習い事を始めるときは注意! ( 3 )

バドミントンを始める際の注意点

バドミントンは習い事としてはまだまだマイナーなスポーツです。始める際に注意したいポイントをご紹介します。

スクールの数が少ない

本格的な競技として指導者がいるスクールは、全国でもあまり数がありません。知名度としては十分なスポーツなのですが、自分の住んでいる地域にスクールがないということは十分にあり得ます。

チームの特色を見極める

チームに加入する場合は、そのチームの特色を見極めてから加入するようにしましょう。参加者のレベルや、目指しているものなどが子供の目的と異なるようであれば、できるだけマッチングするチームに加入するようにしてください。

部活動も視野に入れる

スクールやチームはなくても、大抵の中学校にはバドミントン部があります。無理に小学生のうちからと考えるのではなく、中学校進学後に部活動としてバドミントンを行うという選択肢も視野に入れておきましょう。

 

まとめ:バドミントンを始める際の注意点

バドミントンは、幅広い年齢の方が楽しむスポーツです。遊びとしてはとても手軽に楽しめますし、格安のバドミントンセットなども販売されています。ただし、きちんとした習い事にするには、スクールの有無やレベルの確認等が必要になってきます。始める年齢や子供のやる気なども加味した上で、事前の下調べや検討が必要です。

この記事をかいた人

Rie Kato

【職業】 フリーライター 【経歴】 東京生まれ横浜育ち。現在は群馬県在住。 トラック運転手・介護職員・保険外交員を経て、コールセンターの教育係として7年勤務。 専門学校生と小学生、2人の男の子のママ。 【取得した資格】 ・普通自動車第一種運転免許 ・中学校教諭二種免許状(国語) ・訪問介護員1級 【得意な分野】 ・生命保険 ・転職 ・ビジネスマナー ・ひとり親家庭 ・金融 【休日の過ごし方】 ・朝から掃除と洗濯!(家の中がスッキリするとテンションが上がる性質) ・バスケットボール(息子と勝負!)