チェスって難しそう!?習い事として始めるときのポイントは?

チェスって難しそう!習い事として始めるときのポイントとは?

日本ではあまり馴染みのないチェス……同じテーブルゲームの将棋や囲碁の方がポピュラーで、なかなか生活の中でチェスに出会うチャンスはありません。ただし、諸外国では小学校の必修科目として学んでいたり、学校にチェスクラブがあることもあります。それはチェスに高い教育効果があると言われているからです。子供がチェスを習いたいと言ったとき、どんなことに気をつければ良いのか、そのポイントやメリットを詳しくご紹介します。

チェスを習うメリット

チェスはテーブルゲームの中でも歴史が長く、海外では非常に人気があります。映画やドラマの中でもよく登場するチェスですが、習うメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

クリエイティブな思考能力が身につく

チェスはかなり先まで相手の手を読まなくてはいけません。ルールを把握した上で勝つためにはどのような戦略で攻めるのかを考えることで、クリエイティブな思考能力が自然と身についていきます。

精神面を強化できる

チェスでは不利な局面を打開するために、相手との交渉術を身につけるという心理戦が必要となることがあります。そういった状況が、子供の精神面を強化できる効果に長けているので、自然と強い精神力が養われます。

知能の発達を促すことができる

自分で考える、相手の動きを読む、勝つための作戦を練るといった思考は、知能の発達にとても良い効果があります。自分で状況を判断し、問題を解決していく要素の強いチェスは、子供の知能の発達を促すことができるのです。