囲碁は何歳くらいから習える?習い事のポイントを解説!

囲碁は何歳くらいから習える?習い始める時のポイントを解説!

文部科学省では「ふれあいの囲碁ゲーム」と銘打って、小さな子供でも囲碁に親しめるようなプロジェクトを実施しています。引用:文部科学省HP

このように、現在囲碁には子供の知育に絶大な効果があるとされ、各方面で推奨する動きがあります。では、実際に子供が囲碁を習いたいと言った時、どのようなことに気をつけて始めさせれば良いのでしょう。囲碁を習うことについてのポイントをご紹介します。

囲碁を習うメリット

囲碁は幅広い年代の人に人気のある習い事です。レベル分けされた教室で徐々にランクを上げていく楽しみなどもあり、近年では囲碁教室の数も増えてきています。そんな囲碁の人気のポイントは何なのでしょうか?

集中力を養うことができる

囲碁の一局の対局にかかる時間は、概ね1時間から1時間半ほどです。長時間次の一手を考えたり、相手の手を読もうとしたりする中で、自然と集中力が養われるのです。

礼儀作法が身につく

囲碁は礼節を重んじる競技です。先生方とのやり取りや、大会への出場を通して、礼儀作法を覚える機会がたくさんあります。今の時代に足りないと言われている礼儀を重んじる精神や礼儀作法をきちんと身につけることができます。

コミュニケーション能力が高まる

囲碁で対戦する相手は同年代だけではありません。自分より小さい子供である場合もありますし、親や祖父母ほど年齢の離れた相手であることも珍しくありません。幅広い年代の人と話をすることで、コミュニケーション能力が高まると言われています。