【親の悩み】子供へのイライラや暴力はどうすればいい?対処法をご紹介

子育てには苦労がつきものです。どうしても自分の思うようにいかない瞬間もあるでしょう。そんなイライラが溜まってしまい、子供に暴力をふるってしまったり、暴言を吐いてしまう親御さんもいます。このイライラを他人と共有するのはなかなか難しいもので、1人で抱えてしまう方も多くいます。ではこういったイライラや、イライラが募ってしまった結果の暴力を解決するにはどうしたらいいのでしょうか。

暴力や暴言を受けた子供がどう育つのか

暴力や暴言によって虐待された子供たちはどのように育つのでしょうか。まずは虐待が子供に与える影響をしっかりと理解し、それを知ることで子育ての重要さを再認識しましょう。

親の責任を理解することで、虐待の危険性を減らすことにつながります。

問題行動が多くなってしまう

実際に暴力などの被害に遭っている子供は、仲間に対しても攻撃的な行動を取りやすくなってしまい、周囲からは問題行動の多い子供というふうに見られてしまいます。

また、友達と過ごす時間も短くなってしまい、あまり良好な人間関係が築けないという問題も出てきます。

このように、家族関係が外での対人関係にも影響を及ぼし、その弊害はとても大きなものとなります。

鬱傾向が強くなってしまう

上記では行動的な部分を解説しましたが、精神的にも問題を抱えることになります。

親から虐待を受けた子供は、「自分のせいで暴力をふるわれてしまった」「自分が悪いから」という罪悪感を覚えてしまったり、自分が行動することによって再び暴力や暴言を受ける原因を作ってしまうのではないかという不安感を抱くことも多いです。

暴力や暴言を受けた子供は、鬱などの傾向が高いという報告もあります。家庭内での暴力や暴言は、子供にとって自分の無力さを自覚させる大きなきっかけとなってしまうのです。

そうすると、誰にも相談できずに自分を責めてしまう自責感を持ってしまうことになります。

家庭にも大きな打撃になる

イライラしてしまうと家庭内に悪循環ができてしまい、周りにそのイライラが伝わってしまうことがあります。

また、子供が親を否定的に見るようになったり、親と子供の間に距離感や緊張が生まれるため、家庭内でのストレスがますます大きくなってしまいます。

暴言や暴力で家族関係が分裂してしまうこともありえますし、子供がトラウマを持ってしまう可能性もあります。できれば暴力や暴言がない状態で、円満な家族関係を築ければこれに越したことはありません。