夏祭りにおすすめ!保育園や幼稚園の装飾アイデアを紹介

保育園や幼稚園の行事で、子供が楽しみにしているのが「夏祭り」です。夏祭りでは屋台やゲームなど、子供が喜ぶ催しが開催されますが、そんな夏祭りをいっそう盛り上げるのが装飾です。見た目も華やかな装飾は、子供の夏の思い出として刻まれる重要なアイテムだと言えるでしょう。今回は、保育園や幼稚園の夏祭りにおすすめの装飾アイデアについてご紹介します。

保育園の夏祭り、装飾が必要な場面とその効果

園によっては、保護者が夏祭りの屋台の看板を作ったり、実際に屋台で料理などを販売することもあるようです。夏祭りで装飾が必要になる場所や、装飾が子供に与える効果についてご紹介します。

メイン看板

夏祭りの当日、園の入口に飾られるメイン看板は、装飾のアイデアが活かされる場面の一つです。園の名前を添えて「夏祭り」と書かれた大きな看板は、一目見るだけで一気に夏祭りへの期待が高まることでしょう。園によっては子供が折り紙などを使って一部を手作りする場合もありますから、子供が達成感を得られる効果も期待できます。

記念撮影をすることも多いメイン看板は、夏祭りにおいて重要な役割を持つものです。

縁日の屋台の看板

保育園や幼稚園の夏祭りでは、さまざまな屋台が並びます。金魚すくいやヨーヨー、わたあめなど、各屋台の入口には目を引く手作りの看板が置かれます。また、ちょうちんや花飾りなど、夏祭りを盛り上げる夏らしい装飾も会場内に施されます。子供が喜ぶような装飾を付けていけば、夏祭りの雰囲気をいっそう高める効果が期待できます。

子供に感動を与える華やかな装飾

子供にとって夏祭りは、運動会や発表会などと同じくらい人気の高い行事です。夏祭りは親子が交流するだけでなく、子供が友達と親睦を深めたり、初めて体験するゲームや、初めて食べる料理に感動したりと、子供の記憶に刻まれる大切な時間です。そんな思い出をより印象付けるのが、夏祭りの装飾です。

子供は見た目に影響を受けやすいものですから、カラフルな装飾やデザインに多くの刺激を受けることでしょう。装飾にさまざまな工夫を凝らしていけば、夏祭りが子供にとってより印象深い日になる効果が期待できます。