【クサい!】子供も足の臭いが発生する原因と解消方法

かわいい子供が家に帰ってきた瞬間から、なぜか変な臭いがした、という経験はありませんか。実は子供でも新陳代謝が良く汗をかきやすいため、足が臭くなるというのはよくある症状なのです。そこで今回は、子供の足の臭いを防ぐための消臭、除菌の解決方法をご紹介します。

足の臭いの原因は何?

そもそも足の臭いに具体的な原因があるということを知っている人は、あまり多くありません。長く生きていると一度はかぐであろう、臭いはどうやって発生しているのでしょうか。また何が原因なのでしょうか。

その原因は、大人も子供も関係のない、単純なことでした。順を追って説明していきましょう。

足の汚れや汗が原因

基本的に悪臭は、指の汚れや汗が原因で発生するものです。さらに言えば、雑菌が原因となっています。足には「常在菌」と呼ばれる雑菌がすみ着いていることが多く、常在菌が高温多湿の中で生活している雑菌ですから、靴の中はこの「条件」にぴったりの場所となっています。

足の臭いの主な原因はこの常在菌が放つ「イソ吉草酸」と呼ばれる成分であり、これは納豆やお酢に含まれている成分となっています。これがちょっとでも発生するだけで臭いの元になるので、雑菌を殺すのが一番早い手段となるでしょう。

つまり、この雑菌を除去しない限りは臭いが出てしまいます。そのため、汗をかいた日などは特に臭いがきつくなります。子供が玄関で靴を脱いだ瞬間にこの臭いがしたのであれば、「たくさん運動したんだな」と考えてあげましょう。

靴自体に臭いがついていることも

もちろんこの臭いが靴にまで染み付いているということも十分あります。靴の中にも汗が染み込んだりするので、定期的に靴のほうも手入れしてあげるといいでしょう。

逆にこの臭いが染み付いている靴をずっと履き続けていると、足をきれいにしていても足が常に臭いという状況になってしまいます。足も靴も一緒にきれいにするということがとても大切です。

本人が臭いの原因を自覚していることはあるのか

子供だけではなく大人も足に関しては気にする人が多いでしょう。特に気になるのはやはり靴を脱いだ瞬間で、自分の足の臭さを自覚していると言う人も多いようです。それほど気づいていても、対処しきれないのが足の臭いの特徴とも言えるでしょう。

1 2 3