【高校生】夏のシーズンはどこで・何で遊ぶの?

夏のシーズンになると大人も子供も行動が活発になることでしょう。多くの人が活発になるので、観光地などは人で混雑します。

夏のシーズン特有のイベントなどで日本中が活気づきますが、高校生には高校生なりの過ごし方があります。そこで今回は、夏のシーズンに高校生がどこでどんなことをするのかをご紹介しましす。

高校生の夏休みの過ごし方

では、高校生はどのような夏休みの過ごし方をしているのでしょうか。

ご紹介するのはアンケート調査などでランキング上位になっている夏休みの過ごし方ですので、傾向をつかむ1つの判断材料として参考にしてください。

夏祭りに行く

今も昔も変わらず夏祭りは地域に根づいています。年間の開催件数が30万件近くに及ぶともいわれる日本のお祭りですが、その多くは夏に催され、地域ごとのお祭りが特に人気です。人気の高いお祭りや、全国的に有名なお祭りも多いです。

地域ごとのお祭りに高校生が足を運ぶことも多く、夏祭りに行くことで普段なかなか会えない友達に会ったり、花火を見たりなどお祭りでしかできないことを体験しているようです。

基本的に学校の友達と行動し、仲の良い友達と過ごすことが多いようです。別の高校に進学して離れてしまった中学時代の友達と再会できることもあり、友達と楽しむという学生が圧倒的に多いです。また、カップルで回りたいという学生も多く、恋愛が発展する機会も多いタイミングです。

子供が夏祭りに行きたいと言っているのであれば、門限やルールなどを決めて行かせてあげましょう。

花火大会に行く

花火大会も夏を象徴するイベントの1つです。花火大会とお祭りがセットになっていることも多いですが、花火だけが上がる場合もあります。

花火大会に行く目的は夏祭りに行く目的と似ていて、花火の写真を撮ったり、屋台などで食べ歩きをするということも目的のようです。

花火大会も多くの学生は友達と行動し、彼氏や彼女がいる人はカップルで過ごすようです。

現代の学生はスマートフォンを持っていることが多く、自分のSNSがいかに映えるかを気にして行動している学生も多いようです。花火を見ることや屋台での食事なども、SNSに写真を載せることが目的になっていることが多くあります。