小学校でも英語教育が必修に!幼児〜小学生の英語教室徹底比較 ( 4 )

オンライン英会話

英語教室はお金がかかりすぎるし、送り迎えが大変…と感じる方もいることでしょう。そんな方には、もっと手軽に始められる「オンライン英会話」がおすすめです。無料体験を受けつけている場合がほとんどですので、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

リップルキッズパーク

リップルキッズパークは、日本初の子供オンライン英会話です。先生の研修制度が整っており、質が高いとも言われています。これまでのレッスン数は149万回を超えるほどで、多数のメディアに取り上げられるほど注目されています。

対象年齢 3才〜高校生
レッスン中の言語 英語、日本語
1回のレッスン時間 25分
講師 外国人(フィリピン人)
コース/受講費用 【おてがる週1プラン】毎週25分×1回 月額2,838円(税抜)

【さくさく週2プラン】毎週25分×2回 月額4,444円(税抜)

【しっかり週3プラン】毎週25分×3回 月額6,111円(税抜)

【たっぷり週4プラン】毎週25分×4回 月額7,593円(税抜)

【まんぞく週5プラン】毎週25分×5回 月額9,048円(税抜)

入会金 無料
その他 兄弟姉妹、家族でプランを分け合うことも可能

無料会員登録で、通常2回の無料体験が受講可能



LEARNie

LEARNieは、オンライン×少人数グループという形をとる、小学生専用のオンライン英語教室です。グループワークやゲーム形式のアクティビティを取り入れることによって「英語を楽しく学ぶ」ということを重視しています。子供英語教育の専門家がコンテンツを監修している点も安心です。

対象年齢 小学生
レッスン中の言語 英語、日本語
1回のレッスン時間 60分
グループレッスンの人数
講師 日本人
コース/受講費用 週1回60分 月額¥6,000円(税込み)
入会金 無料
その他 WEB申し込みで、無料体験レッスン受講(2回)



Kimini英会話

Kimini英会話は、学研として初のオンライン英会話ブランドです。英語の学習方法が分からなくても、システムに沿って学習をするだけで 『話せるようする』ことを実現することを目指しています。 オンライン英会話業界では少ない「コース」としての学習方法を提案しています。

対象年齢 小学生〜大人
レッスン中の言語 英語
1回のレッスン時間 60分
講師 外国人(フィリピン人)
コース ※以下、大人向けは除く

【Kimini夏期講習】小学生コース1/小学生コース2/中学1年生コース/中学2年生コース/中学3年生コース/高校1年生コース/高校2年生コース/高校3年生コース

【小学生コース】全2コース(レベル別)

【中学生コース】全3コース(学年別)

【高校生コース】全2コース(レベル別)

【英検®二次試験対策】3級/準2級/2級/準1級

入会金 無料
受講費用 【月会費プラン】スタンダードプラン(1日最大1レッスン)¥5,480/ダブルプラン(1日最大2レッスン)¥9,480/プレミアムプラン(1日最大4レッスン)¥15,480/ライトプラン(1日最大1レッスン、平日9-18時のみ)¥2,980

【3ヶ月プラン】スタンダードプラン(1日最大1レッスン)¥16,110/ダブルプラン(1日最大2レッスン)¥27,870/プレミアムプラン(1日最大4レッスン)¥45,510/ライトプラン(1日最大1レッスン、平日9-18時のみ)¥8,760

【6ヶ月プラン】スタンダードプラン(1日最大1レッスン)¥31,230/ダブルプラン(1日最大2レッスン)¥54,030/プレミアムプラン(1日最大4レッスン)¥88,230/ライトプラン(1日最大1レッスン、平日9-18時のみ)¥16,980

【年会費プラン】スタンダードプラン(1日最大1レッスン)¥59,180/ダブルプラン(1日最大2レッスン)¥102,380/プレミアムプラン(1日最大4レッスン)¥167,180/ライトプラン(1日最大1レッスン、平日9-18時のみ)¥32,180

その他 10日間の無料期間で毎日レッスン可能



まとめ:目的を見失わず、まずは英語を楽しむ姿勢を身につけよう!

「好きこそものの上手なれ」という言葉どおり、子供自身が興味を持ち「もっとやりたい、学びたい」と思うことが、本人の能力を伸ばす上で最も大事なことです。その気持ちは、親が強制できるものではなく、子供の内側から湧き上がるものです。そのため親は子供に英語に触れるきっかけづくりをしてあげるというスタンスでいることが大切です。もし子供が英語に触れたときに興味のある素振りを見せれば、それは成長のチャンスです。そのチャンスを発見するためにも、英語教室などを利用して、子供の将来の可能性を広げてみてはいかがでしょうか。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。