子供がプールに行くのに必要な持ち物は?目的別にまとめてみました!

子供がプールに行くのに必要な持ち物は?目的別にまとめてみました!

暑い夏にはプールへ出かけるご家庭も多いかと思います。そのときに注意したいのがプールに出かけるときの持ち物です。せっかく楽しい思い出を作ろうとプールに行っても、忘れ物があって不便な思いをすると悲しいですよね。今回は夏のプールをより楽しむために必要な持ち物を目的別にまとめてみました。

最低限必要な持ち物

まずは最低限必要な持ち物からです。これを忘れると、場合によってはプールに入ることができないということもあるので注意しましょう。

水着

とても基本的なことですが、水着を忘れてしまうとプールに入ることができません。一番最初に用意するようにしましょう。もし去年のものをそのまま使おうとしている場合は、一度試着してみて今年も着れそうか確認するようにしましょう。

着替え

家から水着を着て行った場合によくあるのが、着替えを忘れてしまうことです。濡れた水着で帰らなくてはいけなくなるので、水着で行く際には着替えを忘れないようにしましょう。

タオル

タオルを忘れるとプールから上がったときに体についた水分を拭くことができず困ります。濡れたままでいると、夏とはいえ風邪をひく可能性もあります。体を拭くタオルは大きめサイズを用意し、カバンの中に入れておきましょう。

スイムキャップ

プールによってはスイムキャップがないと泳げない場合があります。髪が排水口に絡まるなど事故を防ぐためです。行き先のプールの入場規則をよく読み、スイムキャップ以外にも注意が必要なことはないか確認しておきましょう。

お金

日本全国ほとんどのプールで入場料金が発生します。入場料金を払わないとそもそも入場できないので、必要になりそうなお金はきちんと用意してから出かけるようにしましょう。

用意した方が良い持ち物

持っているとプールでの遊びがより楽しくなる持ち物です。用意できるのであれば子供がより楽しく遊ぶことができます。

浮き輪

まだ子供が小さい場合は、浮き輪を1つ持参すると良いでしょう。浮き輪がないと足が届くところでしか遊ぶことができませんし、水難事故につながる危険性もあります。子供の体のサイズに合った浮き輪を最低1つは用意しておくようにしましょう。

ボール

子供はボール遊びが大好きです。水に浮かぶボールは安全ですし泳ぐのとはまた違った楽しみ方をすることができます。ただ施設によってボール遊びを禁止しているプールもあるので注意が必要です。

サンダル

プールサイドの地面は日差しで熱くなっていたり、尖ったものが落ちていたりして危険な場合があります。なるべく素足で歩かせないようにし、子供の足を守ってあげましょう。

ゴーグル

子供が少し大きくなってきて水に潜って遊んだりする場合は、ゴーグルが必要になってきます。水中は地上とはまた違った世界にですので、子供の感性を育てる意味でもゴーグルを1つは持っておくと良いでしょう。

日焼け対策に必要な持ち物

屋内プールは別として、夏は日差しがとても強いため日焼け止め対策が必要になります。子供の肌にも紫外線は良くないので、しっかり対策してあげるようにしましょう。

日焼け止めクリーム

日焼け止め対策の基本は日焼け止めクリームです。水に濡れても落ちにくいものを選んであげて、一日遊んでも子供の肌にダメージが残りにくいようにしましょう。

ラッシュガード

ラッシュガードは日差しや怪我などから体を守る目的で、もともとサーファーたちに使われていた服です。最近はファッション性を重視したラッシュガードも増えてきておりますので、親子や兄弟でお揃いのものを用意するのも良いでしょう。

帽子

プールに行くまでの間や、プールサイドで休んでいる間などは帽子をするのも良いでしょう。日本人は黒髪の子供が多いので、太陽光で体温が上昇するのも防ぐことができます。

サングラス

紫外線は目にも悪い影響を与えると言われています。特に夏は紫外線が強くなるので、長時間屋外で遊ぶ際には子供用のサングラスをかけさせてあげると良いでしょう。

いす・パラソル

施設によってはプールサイドにいすとパラソルを持ち込むことができます。いすとパラソルを用意しておくと、ほかの来場者たちと日陰の取り合いをせずに涼しくくつろげるスペースを確保することができます。長い時間遊ぶ予定のある方は用意しておくと便利でしょう。

あると便利な持ち物

最後に、持っていなくても困らないけど持っていると便利な持ち物をご紹介します。主にプールサイドで活躍する持ち物です。

お菓子・飲み物

プールは常に水に浸かっているので忘れがちですが、きちんと水分補給をしないと脱水症状になってしまいます。プールサイドには常に水分補給できるものを用意しておくようにしましょう。一緒にお菓子もあると子供は喜びます。

ウェットティッシュ

プールサイドで何かものを食べる際にあると便利です。最近は除菌作用付きのウェットティッシュが多いので、食べる前に使うことで風邪などの感染を予防することができます。

レジャーシート

意外とあると便利なのがレジャーシートです。自分たちの休む場所を分かりやすく確保できるため、プールサイドで休む時間がとても充実したものになります。

クーラーボックス

いくらプールで遊んでいるとはいえ夏はとても暑いです。クーラーボックスがあれば家から持ってきた飲み物を冷たい状態で保つことができます。キンキンに冷えたジュースをプールサイドで飲ませてあげて、また元気にプールへ送り出してあげましょう。

まとめ

今回は夏のプールを楽しむために必要な持ち物についてまとめました。最低限の荷物でプールに行っても楽しいですが、きちんと準備していくとより楽しくなり、子供にとって良い夏休みの思い出になるのではないでしょうか?

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部