アクティブ・ラーニングって何?基礎知識がわかるおすすめの本10選 ( 3 )

もっと深くアクティブ・ラーニングについて知りたい人向け

「資質・能力」と学びのメカニズム

こちらの本は今までの本とは少し違っていて、いわゆるアクティブ・ラーニングの解説本ではありません。子供の学びとは本来どうあるべきなのか、主体的・対話的で深い学びを実現する授業はどのような原理で作られるのかなど、より本質的な部分について書かれています。文部科学省が全国に小中学校にアクティブ・ラーニングを導入するに至った文脈について理解したい方におすすめの本です。

ディープ・アクティブラーニング

ただアクティブ・ラーニングを実践するだけではなく、より深い効果を得ることの必要性を述べています。その解決策として、ディープアクティブ・ラーニングというアクティブ・ラーニングの内容と質を見直した学習方法のカリキュラム、授業、評価、学習環境を提案しています。

アクティブ・ラーニングの授業をする先生向け

現場ですぐに使える アクティブ・ラーニング実践

32人の教員によるアクティブ・ラーニングの授業レポートを含む、アクティブ・ラーニングの授業をいかに成功させるかについて書かれた本です。先生向けの内容になっており、これらのレポートを読むことで授業の効果を予測しやすくなります。

六つの要素で読み解く! 小学校アクティブ・ラーニングの授業のすべて

小学校におけるアクティブ・ラーニングに特化した一冊です。小学校に特化されているので、日常の生徒とのふれあいをイメージしながら読み進めることができるかと思います。イメージしながら読み進めることで、アクティブ・ラーニングの理論と実践をすぐに現場で使える形で学習することができます。

“ダメ事例”から授業が変わる!小学校のアクティブ・ラーニング入門―資質・能力が育つ“主体的・対話的な深い学び” (BOOKS教育の泉)

アクティブ・ラーニング授業の入門的な内容から、OK事例・ダメ事例の授業について、イラストも交えて書かれた一冊です。自分の考えていたアクティブ・ラーニング授業が実はダメ事例だった!などに気づくことができる一冊です。

まとめ

今回はアクティブ・ラーニングについて学べる本を10冊、ご紹介しました。学校だけでなく、ご家庭でもアクティブ・ラーニングを取り入れた教育をすることは可能です。アクティブ・ラーニングの授業が導入されるのは2020年からですが、今のうちから少しずつ準備をして、子供たちがしっかり成長できるようにご家庭でもアクティブ・ラーニングを取り入れてみましょう。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部

cocoiroは常に更新し成長する「教育百科」です。 教育に関心を持つお父さん・お母さんに向けて、 事実や経験に基づき最新の教育情報を提供するメディアを目指しています。 子供一人ひとりと向き合い理解するために、 信頼性が高く分かりやすい情報を発信します。