世界が注目するフィンランド教育!学力世界一が実現した理由

世界が注目するフィンランド教育!学力世界一が実現した理由

国際学力調査では常に上位に入り、教育水準の高さを誇るフィンランド。国連による世界幸福度ランキングにおいても堂々の1位を保持する国としても有名です。高い教育を受けた子供たちが、将来的に自分の人生を謳歌できる、そのように育てる国の教育システムはどのようになっているのでしょうか? この記事では、フィンランドの教育の内容と実態について詳しくご紹介していきます。

フィンランド教育が注目される理由

高い教育水準を持ち世界から注目されているフィンランド教育。その教育の結果は世界の子供を対象としたテストの結果に出ています。詳しいテストの結果と内容について調べてみました。また世界幸福度ランキングの結果についても合わせてご覧ください。

PISA学力ランキング世界1位

PISAと呼ばれるテストは、OECD加盟国の15~16歳の生徒を対象に行われるもので、読解力、数学知識、科学知識、問題解決などの分野についての学習達成度をはかります。2000年から始まり3年に1度行われるその調査で、フィンランドは常に上位の成績を収めてきました。2003年のテストでは読解力と科学の知識を試すものでは1位、数学の知識や問題解決能力についても2位でした。その後PISAテストは項目を増やしたりテスト内容を変えたりしながら行われてきましたが、読解力と科学的思考をはかる項目において、毎回上位に位置する国はフィンランドになっています。

世界幸福度ランキング1位

国連が156カ国を対象に行う調査で2018年度で6回目になります。調査対象者はおよそ1,000人。「所得」「健康と寿命」「社会支援」「自由」「信頼」「寛容さ」などの項目別に回答されたものを元に報告されています。その調査でフィンランドは1位にランクインし、国民の幸せを感じている度合いの高さが知られました。日本は56位と国連参加の各国から大きく差をつけられる結果となってしまいました。