夏期講習を受けるメリットは?費用や種類について調べてみた

夏期講習を受けるメリットは?費用や種類について調べてみた

夏休み中の学習をより有意義で確かなものにするために、塾で行われる夏期講習への参加を考える方も多いのではないでしょうか。ただ、夏期講習の受講が初めての方は、塾の選び方や夏期講習の種類・受講料など分からないことがたくさんあり、不安を感じているかもしれません。そこで、夏期講習を受けることによるメリットや子供たちへの影響、夏期講習の種類、費用についてまとめました。

夏期講習を受けるメリット

子供たちが夏期講習を受けるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。授業のない、夏休みの時間を使って塾で教わることで、子供たちの学習方法や勉強の習慣がどう変わっていくのかを見ていきましょう。

夏休み中にライバルと差がつけられる

普段、学校に通っている間は何かと忙しくてまともに勉強するのはテスト前だけ、という子供たちは多いと思います。しかし、テスト前にだけ大急ぎで勉強をすると、どうしても苦手な科目や単元はカバーできないままになり、勉強の積み残しがたまっていきます。受験生の場合、この積み残しがライバルに先を越される原因にもなります。

しかし夏休みの間に夏期講習を受けて、しっかり時間をかけて勉強の積み残しを解消できた人は、2学期以降にライバルたちにぐんと差をつけることができるでしょう。そういった意味でも、長い夏休みを大切な学習時間として有効に使えるかどうかは、重要な分かれ目になるといえます。

講師に進路相談ができる

夏期講習を受けるメリットは、担当講師に勉強を教えてもらうことだけに限りません。子供たちそれぞれに合った学習方法やこれからの進路に関して、プロの目で適切に判断してもらうことも、大きなメリットとなります。

最近は学校の方針として、夏休みの間に今後の進路について家庭で話し合ってもらい、2学期に担任の先生に報告しなければならない学校もあります。もし、進路について親子で話し合うだけでは心細いと感じるようであれば、夏期講習の間に塾の担当講師に進路相談をしておくと安心です。

ダラダラと勉強しなくなる

40日ほどある夏休みをいかに充実した期間にするかは、子供たち本人のやる気と計画性にかかっています。しかし、部活や友達との付き合いもあり、なかなか勉強の計画もはかどらずにダラダラと過ごしてしまう子も多いでしょう。せっかく長時間机に向かってはいたけれど、あまり身につかない結果になった、ということにもなりかねません。

しかし、夏期講習に参加すれば、毎日決まった時間に塾でしっかり勉強し、出された宿題をその日のうちにやることになるので、ダラダラと勉強することはまずなくなります。数日間の夏期講習のうちに、毎日自分で勉強する習慣がいつの間にか身について、2学期以降もそのペースで勉強ができるようになることもあります。

夏期講習にかかる費用はどれくらい?

集団指導塾と個別指導塾では夏期講習の費用に差があります。ここでは、集団指導塾と個別指導塾の2つに分けて、夏期講習1コマ(90分)当たりの費用を比較してみます。

なお、以下の数字は、地域限定の小規模塾・全国展開している大規模塾も含めたおおよその金額を、90分当たりに換算したものです。また、支払いモデルの日数については、高校受験10日間、中学受験20日間に統一しています。これは、高校受験コースは国語・数学・英語の3教科で半期10日間前後、中学受験コースは4教科20日間前後であることが多いためです。

集団指導塾の夏期講習費

集団指導塾は、塾がある地域・1クラスの人数・担当講師の質などで受講料がかなり異なってくるので、注意が必要です。受講前にパンフレットや問い合わせ窓口などで必ず確認してください。

高校受験

    • 1コマ(90分):1,500~3,500円
    • 支払いモデル:1コマ2,500円×3教科×10日間=75,000円

中学受験

    • 1コマ(90分):1,800~3,000円
    • 支払いモデル:1コマ2,200円×4教科×20日間=176,000円

個別指導塾の夏期講習費

個別指導塾では、講師1人に生徒1人の1対1体制の授業のほかに、授業によっては1対2、あるいは1対3の授業となっていることもあり、その場合は受講料が変わります。以下に記載した受講料は1対1の授業料のデータです。

高校受験

    • 1コマ(90分):2,500~4,000円
    • 支払いモデル:1コマ3,500円×3教科×10日間=105,000円

中学受験

  • 1コマ(90分):2,200~4,000円
  • 支払いモデル:1コマ3,000円×4教科×20日間=240,000円

夏期講習を実施している塾のご紹介

夏期講習の受講料は決して安いものではないため、できるだけ質が良くて安心して受けられる講習を選びたいものです。「家から一番近いから」、「とにかく受講料が安いから」といった理由だけで決めるのではなく、まず個人指導なのか集団指導なのか、教え方や指導内容にどのような特徴があるのかなど、色々な側面からのチェックが必要です。

どこの塾で夏期講習を受ければいいのか分からないという方は、以下にご紹介する、大手で実績のある塾も検討してみると良いでしょう。

高校受験

普段の学校生活の中ではなかなか取り組めない高校受験のための勉強も、長い夏休みの間なら、たっぷり時間を取って行うことができます。

特に中学3年生の子供たちにとっては、忙しかった部活動を引退し、いよいよ受験生の夏に突入することになります。その際、受験生としての自覚を持ちやすくしてくれるのが夏期講習です。2学期以降の受験勉強のためにも、それぞれの塾が持つ特徴をしっかり把握し、子供に合う塾を選ぶようにしましょう。

東京個別指導学院

進研ゼミでおなじみのベネッセグループが運営する個別指導塾です。関東・関西に展開するほか、愛知と福岡にもあります。1対2までの個別指導で、オリコン日本顧客満足度ランキングの講師部門で高い評価を得ている講師陣が教えてくれます。
東京個別指導学院

TOMAS

「TOMASは、個別なのに進学塾。」のキャッチフレーズでおなじみの、関東4都県に展開する個別指導塾です。生徒の志望校の合格レベルと、現状の学力との差を埋めるために「個人別カリキュラム」を作成してくれます。
TOMAS

四谷学院

学習内容を小さなステップに区切り、その子に合わせた進度で少しずつクリアさせていくという「55段階」システムで学力をのばす指導法で有名な塾です。北海道から九州まで広く展開しているため、県外への引っ越し、他県での受験予定があるご家庭にも良く選ばれているようです。
四谷学院

臨海セミナー

臨海セミナーといえば神奈川県にある塾という印象が強いですが、近年は周辺の関東3都県や大阪にも展開しています。特に私立中学受験と関東の難関高校受験の指導に力を入れており、大人数の集団クラス授業と個別指導授業の両方が利用できます。
臨海セミナー

中学受験

中学受験では、まず子供たちのやる気を引き出して、一日の中でこつこつと学習に取り組む習慣をつけることが大切です。学校がない夏休みには、夏期講習を利用して学習時間をしっかり取り、できるだけ効率良く勉強させると有意義に過ごせるでしょう。

また、小学生の受験勉強には、保護者の見守りや管理がとても重要になります。塾での学習の様子や学習進度について、保護者にこまめに連絡をくれる塾を選ぶことも大切でしょう。

SAPIX

中学受験指導で有名な塾です。難関私立中学受験のために入塾している子がほとんどで、レベルの高い授業とたくさんの課題で鍛えられます。知的好奇心が強い子供に合った、新鮮で面白い教材を使って指導しているのが特徴的です。
SAPIX

日能研

昔から小学生向けの全国テストや公開模試でも有名な、中学受験指導の老舗塾です。私立中学受験者だけではなく、学習習慣の定着のために通う子もいます。夏期講習は集団指導で小3クラスから開講されており、日能研のオリジナルテキストでていねいに教えてくれます。
日能研

栄光ゼミナール

高校・大学入試のコースもありますが、最近は特に小学校低学年からの学習指導に力を入れているようです。小学生を対象とした理科の実験教室なども開催しており、こちらも人気となっています。個別指導とグループ指導がありますが、グループ指導も比較的少人数制です。
栄光ゼミナール

無料体験授業や入塾金免除制度もある

夏期講習から入塾する場合、夏期講習を1科目、あるいは数科目無料で受講できるという塾や、入塾金免除などの特典を設けている塾もあります。つまり、夏期講習からの入塾は、通常の入塾時よりも費用面でより入りやすくなっている場合が多いのです。教育費がかかる中学生・高校生を抱えた家庭にとっては、入塾を検討する良い機会といえるでしょう。

夏期特別無料講座を実施しているところも

夏休みの夏期講習を無料で受けられる塾もあります。パンフレットや広告などに「夏期特別無料講座実施」などと書かれているので確認してみましょう。9月からの入塾に向け、夏期講習を体験授業と捉えて、まずは無料で試してもらうという仕組みです。

無料と記載されていない場合でも、塾生の紹介などにより、受講料半額や無料などの特典が適用されるケースもあるので、直接塾に問い合わせをしてみると良いでしょう。

インターネットから申し込むと入会金が免除に

夏期講習受講の費用だけでもかなりまとまったお金がかかりますが、初回はそれにプラスして、塾の入会金・入塾金なども必要となります。しかし、なかにはインターネットから申し込むと、入会金・入塾金が免除になる塾もあります。塾を選ぶ際には、インターネットで情報を確認するようにしましょう。

さまざまな情報を集めて進路や予算に合う夏期講習を調べてみよう

このように、夏期講習といってもさまざまなタイプがあり、指導法や料金体系も塾や講習の種類によってかなり異なっています。どこの夏期講習を受講するかを決定するには、1つの情報源だけではなく、パンフレット、インターネット、お友達など、さまざまな情報源にアクセスすることが大切です。そして不明な点があれば、直接塾へ問い合わせて話を聞くことも必要です。

長い夏休みは、子供たちにとって勉強の基礎固め、前の学年の復習や分からない単元の確認などを行う、とても大切な期間です。特に受験生にとっては「夏を制するものは受験を制す」ともいわれるように、夏休み中の勉強がその後の受験勉強や入試結果に大きな差を生むことがあるのです。

夏期講習の受講を検討する際は、子供たちの学習目標や進路、さらにそこに予算も考え合わせた上で、しっかりと情報を集めて決めるようにしましょう。

この記事をかいた人

cocoiro編集部

cocoiro編集部