【横浜インターナショナルスクール】費用や口コミを徹底解説!

インターナショナルスクールは英語力をつけたい子供が通うとされていますが、それ以外にもたくさんのメリットがあります。海外で活躍したいという目標があるのであれば、ぜひとも通わせたいスクールです。

しかし、あまり情報が開示されていないので、どのスクールに通わせれば良いのか判断が難しく、一つひとつのスクールの情報が欲しいという親御さんも多いです。

今回は有名な横浜インターナショナルスクールの情報とともに、どんな子供に向いているかを紹介します。

横浜インターナショナルスクールの概要

インターナショナルスクールを判断する材料としては「学費」や「口コミ」などがあります。そこで横浜インターナショナルスクールのそういった概要を説明します。

横浜インターナショナルスクールに入学するには

横浜インターナショナルスクールの入学試験は少し特殊で、面接などは一切ありません。書類選考のみとなります。

そのため、書類の内容が合否を分けることになります。ただ、もし合格したいのであれば、事前に校長などに会っておくと印象が良いでしょう。

かなり英語に特化したスクールでもあるので、英語の能力が合否に関係するとも言われています。英語教育を受けた経験があり、一定の英語力があれば入学しやすいスクールとなっています。

卒業生の中には、早稲田大学など日本の優秀な大学に入学している人も多いです。将来的にそのキャリアを生かしている子供も多いようです。

横浜インターナショナルスクールの費用

基本的にどのインターナショナルスクールに通うにしても、年間費用は2,000,000円以上かかると考えておいた方が良いでしょう。なかでも横浜インターナショナルスクールは、ほかのインターナショナルスクールに比べて若干高めとなっています。

年間にかかる学費は2,690,000円となっています。これは小学部から高等部まで一律でかかってきます。もし学費のことだけで考えるのであれば、ほかのインターナショナルスクールを検討してみても良いかもしれません。

もちろん、これ以外にも海外旅行に行くとなると、さらに費用がかかってしまいます。小学部から高等部までと考えると、トータルで30,000,000円以上はかかってくることになります。

費用のことだけを考えると、インターナショナルスクールの入学には慎重になった方が良いでしょう。

横浜インターナショナルスクールの口コミ

横浜インターナショナルスクールに在籍しているのは欧州系の子供が多いです。特にマイナスな印象を受ける口コミなどはありませんでした。

インターナショナルスクールに通うとなると、やはり心配になるのがその将来です。インターナショナルスクールに通っても将来その英語が生かされないとなると、あまり意味がありません。

そのため、将来をイメージして入学させている親御さんが多いようです。周辺にはほかのインターナショナルスクールもあり、自分の環境に合ったインターナショナルスクールを選択する家庭が多いようです。

「いじめがある」や「保護者同士の付き合いが悪い」などの不安材料となる口コミはありませんでした。もし横浜インターナショナルスクールのカリキュラムが自分に適していると感じるのであれば、入学を検討してみても良いかもしれません。