【中学生向け】ピアノ発表会におすすめの髪型5選&簡単にできるコツ ( 2 )

中学生のピアノ発表会の髪型を簡単にするコツ

ピアノ発表会 髪型 中学生簡単

簡単なヘアアレンジを選んでも、慣れないスタイリングにはハプニングが起こるものです。当日や発表会の会場であたふたしないためには、いくつか気をつけておくべきことがあります。今回はピアノの発表会の髪型を簡単にアレンジするためのコツを3つご紹介します。

(1)ピン・スタイリング剤で固定する

ピアノの発表会は演奏するだけでなく、ほかの参加者の演奏を聴く時間もあります。長い時間崩れない髪型にするためには、髪を固定する道具を使うといいでしょう。

例えばヘアピンやスタイリング剤を使用することで、後れ毛を留めたり跳ねている髪の毛をおさえたりすることができます。たとえスタイリング中に髪の毛が少しほどけてきてしまったとしても、ヘアピンさえあれば結び直すことなく留めることができるでしょう。

また、演奏の際にはステージに上がるため、ライトに照らされることになります。ライトが当たったときにこぼれた髪が目立たないように、しっかりと固定しておきましょう。

(2)ヘアアクセサリーを工夫する

ピアノの発表会の髪型を簡単にアレンジするためには、ヘアアクセサリーを工夫することも有効です。ご紹介してきたとおり、髪の結び目にのせるヘアアクセサリーはカモフラージュの役割をも担ってくれます。結び目を隠すことで、見た目が美しくないと何度もやり直すことから解放されるでしょう。

また、ヘアアクセサリーを使用する際には、子供に選んでもらうといいでしょう。子供はもう中学生なのです。小学生のころとは好みが変わっている子もおり、身につけるものは自分で選びたい! と思っている子も多いでしょう。

ピアノの発表会は、我が子の晴れ舞台です。お気に入りのヘアアクセサリーで、自信に満ちた演奏を楽しんでもらいましょう。

(3)普段から髪をケアしておく

ヘアアレンジを簡単にするコツの1つに、普段から髪のケアに力を入れておくという点が挙げられます。せっかくステージで練習の成果を披露するのです。艶やかで清潔感のある自慢の髪で、清楚な印象を与えましょう。

日々のシャンプーでフケを防ぐことはもちろん、乾燥や紫外線にも気をつけるといいでしょう。傷んだ髪はまとまりにくく、アレンジする際にまとまりづらくなってしまうかもしれません。